選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はぎぴー的日本代表(2005.11.16更新)
2005-11-16(Wed) 14:55
GK(3)
1楢崎正剛 76.04.15 185 (名古屋グランパス)
12川口能活 75.08.15 179 (ジュビロ磐田)
21曽ヶ端準 79.08.02 187 (鹿島アントラーズ)

DF(7)
2古賀正紘 79.09.08 185 (名古屋グランパス)ST
3松田直樹 77.03.14 183 (横浜Fマリノス)SW、ST
5宮本恒靖 77.02.07 176 (ガンバ大阪)SW
15岩政大樹 82.01.30 186 (鹿島アントラーズ)ST
19徳永悠平 83.09.25 179 (早稲田大学)右WB、ST
20田中マルクス闘莉王 81.04.24 185 (浦和レッズ)SW、ST
22中澤佑二 78.02.25 187 (横浜Fマリノス)ST

MF(9)
4今野泰幸 83.01.25 178 (FC東京)DH、ST
6阿部勇樹 81.09.06 175 (ジェフ千葉)DH
7中田英寿 77.01.22 175 (ボルトン:イングランド)DH、OH
8小野伸二 79.09.27 175 (フェイエノールト:オランダ)DH、OH
10中村俊輔 78.06.24 178 (セルティック:スコットランド)OH
11永井雄一郎 79.02.14 184 (浦和レッズ)右WB
13松井大輔 81.05.11 175 (ルマン:フランス)左WB、OH
14村井慎二 79.12.01 174 (ジュビロ磐田)左WB
23福西崇史 76.09.01 181 (ジュビロ磐田)DH

FW(4)
9高原直泰 79.06.04 181 (ハンブルガーSV:ドイツ)
16大黒将志 80.05.04 177 (ガンバ大阪)
17大久保嘉人 82.06.09 168 (マジョルカ:スペイン)
18平山相太 85.06.06 190 (ヘラクレス:オランダ)


選出メンバーの基準:今回はW杯グループリーグで勝点4を奪う23人

対戦相手国によってスタメンを入れ替えるくらいの選手層が欲しい。
身体能力の高いアフリカ勢と闘う際は、球際にしっかり行ける選手。
長身が多い欧州国と闘う場合は、それに負けない高さが必要だ。
リアクションサッカーは、言葉としてマイナスの印象を受けると思うが、
日本の実力は、固定メンバーで闘い、自分たちがいつも主導権を
握る、、、そんなレベルには無いと私は考える。

よって基本は守備、、流れの中で得点出来ずともセットプレーで、、
くらいの割り切りが必要かな?と思う。

そこでシステムはサイドバックにまともな選手がいない事を考慮し
守備面で安定感のある3-5-2(3-6-1)を採用。
サイドの選手が下がり過ぎなくともなんとかなる形にしたい。
それから何をしたいのか?ハッキリ意図が伝わってくる選手を(笑)。

DFに宮本以外180センチ以上の選手を並べた(徳永は右WBと考えている)
のは、力負けして欲しくないから。押される時間が長くとも
1対1で負けない選手(比較的強いと言い換えるべき?)を選んだ。
よってコンビネーション等は一切無視、、、
現場にいるわけでないファンの1人がそこまで解るはずない(笑)。
ただ宮本を外すとクッションが無くなるのは想像に難しくないので
プレー面より精神面で(選ばざるを得ない!!)。

中盤は恐らく誰が選んでも大差ないと思うが、遠藤(G大阪)ではなく
阿部勇樹にしたのは、FKという武器を持っているから。
それから彼にはオシムに鍛えられた走力がある。
スタメンで使うのは難しいが、後半出てきてサポートしまくる、
そしてFKで、、というシミュレーションをしてみた。
わたしはセットプレー以外での得点シーンを思い浮かべる事が出来ない。

稲本が実践勘を戻しつつあるが、やはり福西の方が安定している。
それに第2ボランチを小野か中田英寿が務めるなら、第1ボランチは
守備に絶対的な信頼感を持てる今野がベストチョイス!
またセットプレーが欲しいから小笠原ではなく、ドリブルで突っかけられる
松井大輔を考えた。途中から出てきて流れを変えたい、本山(鹿島)
でもいいのだが、彼は怪我が怖い(ひ弱さが抜けない)。

FWに平山相太を入れているのは、0-1で負けている状況で柳沢や玉田など
を入れてもあまり意味が無いと思うから。スペースが無いと機能しない
選手はパワープレーで役に立たない。平山の力がそれ程のものでない
(つまりスタメンを張るだけの、、)事は承知しているが、
それでも彼のヘッドに望みを繋ぎたくなる時が来る気がする(苦笑)。
実は余り守備の上手くない闘莉王をDFに選んだのも、パワープレーを
考えてのこと。彼と中澤が前線にあがれば、、何かが起きるかも?


3チームと対戦し勝点4を奪うには1勝1分けが最低ライン。
シード国相手に勝てる力は無いから、他の2チームでなんとか
1勝1分けに持っていきたい。そうなればアフリカには勝ち、欧州の
中堅国(あるいは北中米あたりが来るか?)には引き分けなければならない。
勿論、その逆を試みてもいいが、、、、
勝ちに行く時のスタメン、負けられない時のスタメン、、、
そして両者におけるサブの使い方、、。この辺が非常に重要になってくる。
とりあえず、対戦相手国が決まっていない現在、暫定で考えると、、

【勝ちに行くスタメン】
GK川口、SW闘莉王、ST中澤、松田、DH今野、中田、WB永井、松井、
OH中村、FW高原、大久保

【負けない闘いをするスタメン】
GK楢崎、SW松田、ST中澤、古賀、DH今野、福西、WB徳永、小野、
OH中村、中田、FW高原

まぁ、、あくまで机上の論理に過ぎないが、
代表を応援する醍醐味のひとつが自分なりのメンバーを考える事だと
思うので、、わたしならこんなところで、、。
次は恐らく抽選会が終わったあと、、相手が解れば、対策も出来るし
その結果、必要な選手も変わってくるはず。

(ど素人の日本代表コラム)
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://hagip.blog13.fc2.com/tb.php/88-6d2a4988
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。