選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
U-18日本代表 国際ユースサッカーIN新潟メンバー(18人)
2005-07-04(Mon) 19:14
監督:吉田靖 アシスタントコーチ:森保一 GKコーチ:加藤好男

GK
1高橋初  1987.06.26 181cm 73kg (桐光学園高校)
18秋元陽太 1987.07.11 180cm 74kg (横浜F・マリノスユース)

DF
4福元洋平 1987.04.12 184cm 73kg (大分トリニータU-18)
5槙野智章 1987.05.11 178cm 66kg (サンフレッチェ広島ユース)
3三原直樹 1987.06.19 173cm 66kg (ヴェルディユース)7/15怪我のため離脱
→堤俊輔 1987.06.08 177cm 70kg (浦和レッズユース)7/15追加召集
16堀越寛人 1987.12.08 180cm 72kg (前橋育英高校)
2内田篤人 1988.03.27 175cm 60kg (静岡県立清水東高校)
13大島嵩弘 1988.04.14 179cm 69kg (柏レイソルユースU-18)

MF
7梅崎司 1987.02.23 167cm 64kg (大分トリニータ)
12森野徹  1987.05.12 168cm 60kg (船橋市立船橋高校)
14柳澤隼  1987.06.27 173cm 62kg (柏レイソルユースU-18)
15中川裕平 1987.07.24 177cm 65kg (三重県立四日市中央工業高校)
8山本真希 1987.08.24 176cm 67kg (清水エスパルスユース)
10柏木陽介 1987.12.15 175cm 65kg (サンフレッチェ広島ユース)
6青山隼  1988.01.03 182cm 70kg (名古屋グランパスエイト)

FW
9河原和寿 1987.01.29 173cm 65kg (アルビレックス新潟)
11ハーフナー・マイク 1987.05.20 194cm 75kg (横浜F・マリノスユース)
17伊藤翔  1988.07.24 181cm 67kg (中京大学附属中京高校)


<スケジュール>

7月13日(水) 19:00 トレーニングマッチ VS 新潟県高校選抜
7月15日(金) 国際ユースサッカー IN 新潟
       15:00 VS アルビレックス新潟ユース
7月17日(日) 15:00 VS U-18オマーン代表
7月18日(月) 12:00 3位決定戦 A組2位  VS B組2位
       14:30 5位決定戦 A組3位  VS B組3位
       15:00 決勝    A組1位  対 B組1位(新潟スタジアム)

グループA U-18日本代表、U-18オマーン代表、アルビレックス新潟ユース
グループB 新潟県高校選抜、U-18ルーマニア代表、U-18韓国選抜

(グループA、Bはどちらか不明、グループ分けは正しいと思う)


<はぎぴー的感想>

この大会は新潟県の高校生年代強化が目的なのだろうから
組み合わせ&スケジュールに文句を言うべきではないが、、、、、、。
せっかくの国際大会でU-18代表が確実に当たれる外国の代表がオマーンだけ
というのは何とも寂しい感じがする。
順位決定戦で新潟県高校選抜と対戦することになれば、
この大会は日本代表にとって、もはや国際大会(経験)ではなく
単なる国内のトレーニングマッチになってしまう。
だいたい高校選抜とは事前にトレーニングマッチを行う予定ではないか!!
大会主催者の方も、少し配慮してもらえないだろうか、、、、?
特に新潟所属のFW河原にとっては紅白戦みたいなもの??(苦笑)。

メンバーは6月のポルトガル遠征とほぼ同じメンバー。
各ポジションで1.2名の入れ替えがある程度。
成績的に芳しくなかったメンバーから入れ替えが無いというのは
入れ替えようもない程にこのメンバーが優れているのか?
それとも、入れ替わるに値する選手がいないということか?
チームの核となるであろう山本(清水)は入っているが、
エースストライカー森本(東京V)の名前がない。
残すはSBS杯と仙台杯のみ、11月にはアジア予選が始まる。
そろそろ合わせておいた方がいいのではないか?

予備予選の相手は台湾と北朝鮮。
この年代で北朝鮮には勝てていない、、(昨年のU-16代表にて)。
9月から始まる世界大会(U-17世代)に参加し、レベルアップしてくる
北朝鮮に、このメンバーで勝てるのか??
まさか、予備予選で負けてしまう事のないよう願いたい。
そんなことがあれば、北京五輪に期待出来るはずもない。

(ど素人の日本代表コラム トップページへ)
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://hagip.blog13.fc2.com/tb.php/67-191f47a5
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。