選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本代表 欧州遠征(10/12vsフランス代表、10/16vsブラジル代表)メンバー
2012-10-08(Mon) 01:34
監督:アルベルト・ザッケローニ  コーチ:ステファノ・アグレスティ
アシスタントコーチ:和田 一郎  GKコーチ:マウリツィオ・グイード
フィジカルコーチ:エウジェニオ・アルバレッラ
コンディショニングコーチ:早川 直樹


GK
1川島 永嗣  1983.03.20 185cm/80kg (スタンダール・リエージュ:ベルギー)
12西川 周作  1986.06.18 183cm/81kg (サンフレッチェ広島)
23権田 修一  1989.03.03 187cm/83kg (FC東京)

DF
3駒野 友一  1981.07.25 172cm/76kg (ジュビロ磐田)
15今野 泰幸  1983.01.25 178cm/73kg (ガンバ大阪)
16栗原 勇蔵  1983.09.18 184cm/80kg (横浜F・マリノス)
2伊野波 雅彦 1985.08.28 179cm/75kg (ヴィッセル神戸)
→10/11離脱:怪我のため
→10/11追加:25酒井 高徳 1991.03.14 176cm/74kg (VfBシュツットガルト(ドイツ)
5長友 佑都  1986.09.12 170cm/68kg (インテル・ミラノ:イタリア)
6内田 篤人  1988.03.27 176cm/62kg (FCシャルケ04:ドイツ)
22吉田 麻也  1988.08.24 189cm/81kg (サウサンプトン:イングランド)
21酒井 宏樹  1990.04.12 183cm/70kg (ハノーバー96:ドイツ)

MF
7遠藤 保仁  1980.01.28 178cm/73kg (ガンバ大阪)
14中村 憲剛  1980.10.31 175cm/66kg (川崎フロンターレ)
17長谷部 誠  1984.01.18 180cm/73kg (VfLヴォルフスブルク:ドイツ)
13細貝 萌   1986.06.10 177cm/68kg (バイエル・レバークーゼン:ドイツ)
4本田 圭佑  1986.06.13 182cm/76kg (CSKAモスクワ:ロシア)
20高橋 秀人  1987.10.17 182cm/74kg (FC東京)

FW
18前田 遼一  1981.10.09 183cm/80kg (ジュビロ磐田)
→10/9離脱:怪我のため
→10/9追加:24佐藤 寿人 1982.03.12 170cm/67kg (サンフレッチェ広島)
16ハーフナー・マイク 1987.05.20 194cm/86kg (SBVフィテッセ:オランダ)
9乾  貴士  1988.06.02 169cm/59kg (アイントラハト・フランクフルト:ドイツ)
10香川 真司  1989.03.17 172cm/63kg (マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
8清武 弘嗣  1989.11.12 172cm/66kg (1.FCニュルンベルク:ドイツ)
19宮市 亮   1992.12.14 183cm/71kg (ウィガン・アスレティック:イングランド)


<ザッケローニ監督コメント>

今回の遠征は、世界の強豪国と日本国外で試合を行うことを、日本協会にリクエストして実現した。ヨーロッパや南米を代表する強豪との試合を通して、日本代表が更に成長していくために、インターナショナルレベルでの戦いという貴重な経験を得ていければと考えている。
招集メンバーは、これまでから大きな変更はないが、いつもと同様に、選手選考の作業は非常に難しいものであった。乾に代表されるように、海外のクラブで活躍している選手達を手元で直接見てみたいという思いもあった。招集するメンバー以外にも、多くの呼びたかった選手もおり、それだけ多くの選択肢があるということは、現在の日本サッカーのクオリティの高さを表していると思う。海外のクラブの所属している選手の中では、プレー機会や出場機会に恵まれていない選手もいるが、少ない時間であっても出場した際にはその実力を証明していると感じている。
フランスは、テクニックとフィジカルが良いバランスで融合されているチームという印象を持っている。デシャン監督体制で素晴らしいスタートを切っており、パリ・サンジェルマンの躍進もあって、フランスサッカー自体がヨーロッパの中での大切なポジションを再び取り戻しているように感じている。ブラジルについては、あらためて言及剃る必要もないくらいに、豊富なアイディアとクオリティの高い技術に溢れているチームだと思っている。


<スケジュール>

10月12日(金) 21:00 KO フランス代表(スタッド・ド・フランス)
10月16日(火) 14:10 KO ブラジル代表(スタディオン・ヴロツワフ)


(ど素人の日本代表コラム)

【ShopLue.net】日本代表2012/13(H)(A)レプリカユニフォーム販売中!



スポンサーサイト
トラックバックURL
http://hagip.blog13.fc2.com/tb.php/415-00dc97a3
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。