選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
U-18日本代表候補・トレーニングキャンプ(30人)
2005-02-17(Thu) 00:00
監督:吉田靖 コーチ:森保一 GKコーチ:加藤好男

GK
碓井健平(静岡県立藤枝東高校)
秋元陽太(横浜F・マリノスユース)
桐畑和繁(柏レイソルユースU-18)
高橋初(桐光学園高校)

DF
槙野智章(サンフレッチェ広島ユース)
増田清一(ヴィッセル神戸ユース)
三原直樹(ヴェルディユース)
坂本和哉(熊本県立大津高校)
作田裕次(星稜高校)
伊藤博幹(ガンバ大阪ユース)
安田理大(ガンバ大阪ユース)
大島嵩弘(柏レイソルユースU-18)
金子拓也(ジェフユナイテッド千葉ユース)

MF
横谷繁(ガンバ大阪ユース)
船山貴之(柏レイソルユースU-18)
森重真人(広島県立広島皆実高校)
柳澤隼(柏レイソルユースU-18)
山本真希(清水エスパルスユース)
柏木陽介(サンフレッチェ広島ユース)
青山隼(名古屋グランパスエイト)
堂柿龍一(関西学院高等部)
赤尾公(鹿児島実業高校)
内田篤人(静岡県立清水東高校)

FW
市原大嗣(熊本県立大津高校)
森野徹(船橋市立船橋高校)
ハーフナー・マイク(横浜F・マリノスユース)
中村祐輝(静岡県立藤枝東高校)
森島康仁(滝川第二高校)
迫田亮介(鹿児島実業高校)
伊藤翔(中京大学附属中京高校)


<スケジュール>

2月23日(水) VSモンテディオ山形 VSソニー仙台 (Jヴィレッジ)


<はぎぴー的感想>

召集されたメンバーは次のワールドユース(07年カナダ)を目指す
世代の選手達で、今回の合宿はその立ち上げとなる。

監督は大熊ジャパン(現U-20日本代表)でコーチを務めている吉田氏。
昨年U-17(18)代表の監督を兼任し、布監督(当時U-16代表監督)と大熊監督の
橋渡し的役割を担った人物である。
つまりこの世代の選手達を最も良く知っており、指導歴も長い事から
協会としてはベストの人選を行ったと言える。
私は布監督がそのまま昇格するものと考えていただけにちょっと意外だが、
考えて見えれば「妥当な線」だ。
(ただ北京五輪を目指す監督が大熊氏ではないか?と思われ、ちょっと怖い)

コーチはサンフレッチェ広島ユースでコーチを務めていた森保氏。
ベガルタ仙台で現役を引退し1年のコーチ経験しかないが、
ドーハの悲劇以降、Jリーグ人気を支えてきた選手(新しい指導者像)
という意味では面白い投与かもしれない。
彼も又、昨年U-18代表のコーチとして国際ユース新潟を戦っている。

選手の多くは現在高校2年生(この4月から高校3年生になる)、
昨年の仙台杯を経験した柳澤、山本、ハーフナーマイク等の年長者に
U-16アジア選手権を経験した大島、金子、青山、内田、伊藤などが融合されている。
新しく召集された選手の中には、高校選手権でのパフォーマンスが評価された
作田、森野らも含まれており、立ち上げメンバーとしては、こんなものだろう。
(悪い意味ではなく、、これから伸びて加わってくる選手がいるはずなのだ。
喜山(ヴェルディユース)や小澤(青森山田)、そしてエース的存在の
森本(東京ヴェルディ)が入っていない、、、。)

6月、オランダで行われるワールドユース以降に本格的な活動開始となる
のだろうが、、昨年U-16アジア選手権(今年U-17世界選手権に出場するはずだった)
で敗れた選手達には特にリベンジのチャンスとして奮起して貰いたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。