選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はぎぴー的日本代表(for2014年) 2011.09.14更新
2011-09-14(Wed) 09:38
GK(3)
川島 永嗣  1982.03.20 29歳 185㎝ (リールセ:ベルギー)
西川 周作  1986.06.18 25歳 183㎝ (サンフレッチェ広島)
権田 修一  1989.03.03 22歳 187cm (FC東京)

DF(7)
田中マルクス闘莉王1981.04.24 30歳 185㎝ (名古屋グランパス)
栗原 勇蔵  1983.09.18 27歳 184㎝ (横浜Fマリノス)
長友 佑都  1986.09.12 25歳 170㎝ (インテル:イタリア)
槙野 智章  1987.05.11 24歳 182㎝ (1FCケルン:ドイツ)
内田 篤人  1988.03.27 23歳 176㎝ (シャルケ04:ドイツ)
吉田 麻也  1988.08.24 22歳 187cm (VVVフェンロー:オランダ)
酒井 宏樹  1990.04.12 21歳 183㎝ (柏レイソル)

MF(5)
今野 泰幸  1983.01.25 28歳 178㎝ (FC東京)
長谷部 誠  1984.01.18 27歳 179㎝ (ヴォルフスブルク:ドイツ)
菊地 直哉  1984.11.24 26歳 181㎝ (アルビレックス新潟)
細貝 萌   1986.06.10 25歳 177㎝ (アウグスブルク:ドイツ)
本田 圭佑  1986.06.13 25歳 181㎝ (CSKAモスクワ:ロシア)

FW(8)
森本 貴幸  1986.05.07 25歳 180㎝ (ノバーラ:イタリア)
ハーフナー・マイク 1987.05.20 24歳 194㎝ (ヴァンフォーレ甲府)
金崎 夢生  1989.02.16 22歳 180㎝ (名古屋グランパス)
永井 謙佑  1989.03.05 22歳 177cm (名古屋グランパス)
香川 真司  1989.03.17 22歳 172cm (ドルトムント:ドイツ)
清武 弘嗣  1989.11.12 21歳 172㎝ (セレッソ大阪)
宇佐美 貴史 1992.05.06 19歳 178㎝ (バイエルン・ミュンヘン:ドイツ)
宮市 亮   1992.12.14 18歳 183㎝ (アーセナル:イングランド)


(ど素人の日本代表コラム)



        森本
  香川  (ハーフナー・永井) 清武
 (宮市)        (金崎)
       本田
      (宇佐美)

     今野   長谷部
    (細貝) (菊地)

 長友   吉田  闘莉王  酒井
(槙野) (栗原)     (内田)


        川島
      (西川・権田)



まずGKの人選については、どなたがやっても同じになるでしょう。
川島が一歩も二歩も抜きんでている事は、言うまでもありません。

まずセンターバック。やはり闘莉王の高さと、経験が必要ではないか?と思います。
今野が悪いわけではないのですが、高さの部分で、ピンチを作ってしまう場面が
多すぎる印象を受けています。吉田は、荒削りでポカの多い選手ですが、
2014年までには、モノになるのでは?という、期待込み。
バックアッパーは、誰もが認める実力者、栗原でしょう。山村(流経大→鹿島)
あたりが台頭してくれたら、層も厚くなります。鹿島では最終ラインで使われる
事を願ってやみません。

サイドバックには成長著しい柏の酒井。内田の攻撃力は魅力ですが、守備が
軽すぎてリスクが高い。フィジカルの強さ、クロス精度などで酒井を抜擢。
左は実績で長友。守備を固めたい時などに、槙野という手が良いでしょう。
比嘉(流経大→横浜)の成長にも期待ですね。
なお、最終ラインに入れるMFをボランチで考えてますので、
(槙野を含めCBの)数的な問題は無いと思われます。

守備的MFです。
ここは現在、遠藤がアンタッチャブルな存在として、君臨しております。
が、試合ごとにパフォーマンスの低下が見て取れます。2014年には34歳という
年齢も気になります。よって、構成を変える必要があると考えます。
長谷部の相手は、ボール奪取力、カバーリング、ビルドアップ全てにおいて
高度なパフォーマンスを披露する今野がベターだと考えます。現在は
最終ラインで使われている彼ですが、やはりボランチで力を発揮する選手です。

バクアッパーに細貝と菊地を考えました。
細貝は現代表として、ドイツにおいて力を付けてくれるでしょう。
実は、菊地が「肝」なのです。彼の攻守におけるパフォーマンスの高さ、、、
遠藤のような選手にれる可能性が、最も高い選手だと私は考えます。
(彼の場合、ピッチ以外での問題が議論されると思いますが・・・)
上田(大宮)あたりも候補に入るかな?
怪我さえなければ米本(FC東京)、柴崎(鹿島)あたりも、、。

4-2-3-1の「3」の部分。
ここは、比較的選択が楽?というか、候補となる選手が多いポジションです。
ウィンガーと、トップ下という形で考えましたが、
基本的には、3人のコンビネーション、、、だろうと考えます。
ベースは、中に本田。両サイドに香川と清武。
ウィンガータイプは、宮市、金崎、そして入れてないですが、原口(浦和)など、
良い選手が多いです。宇佐美の場合は、所属クラブで中をやることがあるかも?
基本的には、香川の位置かと思いますが、宮市を入れたいので、本田のバック
アッパーとして入れました。家長(マジョルカ)、乾(ボーフム)、山田(浦和)、
東(大宮)、大津(ボルシアMG)なども、これからの活躍次第では!
ただ岡崎(シュツットガルト)には限界を感じます。まぁ、ロンドン世代が伸び
なければ、彼に頼る事になるでしょうが(苦笑)。

最後に1トップ。
基本を森本にしました。李(広島)も考えましたが、どうにも怖さが無い・・。
ハーフナーの高さ、永井の速さをオプション(ジョーカー)で使えたら、と思います。
指宿(セビージャB)が、どこまで成長してくれるか?
オーソドックスなストライカー、千真(横浜)、大迫(鹿島)など、一皮むけて
くれればと思います。この位置は、何か武器を持っている選手、途中で入り、
リズムを変えられる選手、そんな人材が求められます。1トップを任せるに値する
選手がいなければ、本田をトップにいれ、香川をトップ下に、というゼロトップも、
考える必要有りですね、、、。


(ど素人の日本代表コラム)

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://hagip.blog13.fc2.com/tb.php/374-6fe94638
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。