選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本代表 W杯アジア1次予選インド戦(遠征)メンバー(23人)
2004-08-25(Wed) 00:00
団長:釜本邦茂 監督:ジーコ テクニカルアドバイザー:エドゥー
フィジカルコーチ:里内猛 GKコーチ:カンタレリ

GK
×土肥洋一(FC東京)
23川口能活(FCノアシェラン・デンマーク)
1楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)

DF
17三浦淳宏(東京ヴェルディ1969)
2田中誠(ジュビロ磐田)
×茶野隆行(ジェフユナイテッド市原)
5宮本恒靖(ガンバ大阪)
3松田直樹(横浜F・マリノス)
14三都主アレサンドロ(浦和レッドダイヤモンズ)
22中澤佑二(横浜F・マリノス)
21加地亮(FC東京)

MF
16藤田俊哉(ジュビロ磐田)
15福西崇史(ジュビロ磐田)
●中村俊輔(レッジーナ・イタリア)9/6怪我のため辞退(追加召集無し)
8小笠原満男(鹿島アントラーズ)
18小野伸二(フェイエノールト・オランダ)
6中田浩二(鹿島アントラーズ)
×遠藤保仁(ガンバ大阪)

FW
11鈴木隆行(鹿島アントラーズ)
9久保竜彦(横浜F・マリノス)
●柳沢敦(メッシーナ・イタリア)9/6リーグ専念のため辞退(追加召集無し)
20高原直泰(ハンブルガーSV・ドイツ)
19本山雅志(鹿島アントラーズ)

※背番号を記した選手のみベンチ入り

<スケジュール>

8月30日(月)~ 国内トレーニングキャンプ(欧州組も参加要請あり)
9月 8日(水)17:30 インド代表 VS 日本代表(カルカッタ)

<はぎぴー的感想>

問題点は2つ。
欧州組にも国内でのトレーニングキャンプへ参加するよう要請している事。
そして負傷の西に代わる右サイドの選手を召集していない事。
(欧州組、国内組と区別している事に大意はない。言葉通りの意味
と受け取って頂きたい。)

サッカー協会はオマーン戦、シンガポール戦の反省から選手間のコンビネーション
を構築する時間が必要と判断し、1週間前の合流を選手(各クラブ)に求めた。

国内組は既にセカンドステージを闘っており、
(アジア杯の疲れを引きずりながらも)代表召集でチームを離れても
その地位は保証されている。
そして国際Aマッチデーであることを考慮し、Jリーグは1週間お休みだ。
しかし毎度の事ながら欧州組にしてみれば、過酷なスケジュールとも闘う事になる。
8月30日の参加を許可されたのは高原だけ、これはつまり戦力として
期待されていない事の裏返しであって喜べる状況にはない。
名誉有る代表召集が選手としての「飛躍を削ぐ結果」になっている事実は
選手個人の問題ではなく、日本サッカー界全体の問題と考えるべきだろう。

次に右サイドの選手は加地と誰なんだ?という疑問。
試合登録出来るのは18名。しかしインドという慣れない地での試合に備え、
5人多く連れて行くわけだ(つまりそれだけ余裕をもった選出になっているはず)。
それなのに加地以外に右サイドの選手が見あたらないというのは
どういうことだろうか?
(わたしがお勧めする)福西のウィングバックなど有るわけがない!
加地のコンディションが落ちれば、どう対応するというのか?
恐らく三浦を右で、、と考えているのだろう。
しかし十分な選手枠があるのだから、他の選手を試すべきだ。
せめてアジア杯で選出していた山田卓也を召集していれば、と思う。
(ジーコの会見で、この件について記者が質問しているだろうか?)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。