選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
U-23日本代表 アテネ五輪メンバー(18人+4人)
2004-07-16(Fri) 00:00
団長:釜本邦茂 監督:山本昌邦 アシスタントコーチ:石井知幸
GKコーチ:川俣則幸 フィジカルコーチ:菅野淳

GK
1曽ヶ端準(鹿島アントラーズ)※OA
18黒河貴矢(清水エスパルス)

DF
2田中マルクス闘莉王(浦和レッドダイヤモンズ)
3茂庭照幸(FC東京)
4那須大亮(横浜F・マリノス)
15徳永悠平(早稲田大学)
12菊地直哉(ジュビロ磐田)

MF
8小野伸二(フェイエノールト:オランダ)※OA
7森崎浩司(サンフレッチェ広島)
10松井大輔(京都パープルサンガ)
14石川直宏(FC東京)
13駒野友一(サンフレッチェ広島)
5阿部勇樹(ジェフユナイテッド市原)
6今野泰幸(FC東京)

FW
9高松大樹(大分トリニータ)
16大久保嘉人(セレッソ大阪)
11田中達也(浦和レッドダイヤモンズ)
17平山相太(筑波大学)

<バックアップ>

GK 22林卓人(サンフレッチェ広島)アテネ帯同
DF 21北本久仁衛(ヴィッセル神戸)7/30まで帯同、国内待機
MF 20前田遼一(ジュビロ磐田)   〃
FW 19坂田大輔(横浜F・マリノス) 〃

<スケジュール>

7月21日(水)19:00 VS U-23韓国代表(ソウルW杯スタジアム)
7月25日(日)19:20 VS U-23オーストラリア代表(長居スタジアム)
7月30日(金)19:20 VS ベネズエラA代表(国立競技場)

8月2日(月)~8日(日)トレーニングキャンプ(ニュルンベルグ)

アテネ五輪
8月12日(木)20:30 VS パラグアイ代表(テッサロニキ)
8月15日(日)20:30 VS イタリア代表 (ヴォロス)
8月18日(水)20:30 VS ガーナ代表  (ヴォロス)
8月21日(土)準々決勝
8月24日(火)準決勝
8月27日(金)20:30 3位決定戦(テッサロニキ)
8月28日(土)10:00 決勝   (アテネ)

<はぎぴー的感想>

控えのGKに黒河が入った以外は、予想通りの選出となった。
何故、黒河なのか?は理解不能。
予備登録メンバーの中で、もっともポカの多いGKだっただけに意外だ。
DF枠で菊地が当選したのはGK以外なら全てをこなせるユーティリティさと
チュニジア戦でのアピールが功を奏したのだろう。
前田は逆に器用貧乏がタタッタ形、FWとしての能力は高松より上だと
私は思っているが、本職で使われなかった事は気の毒だ。
潜在能力ではフル代表に最も近い位置にいると思うので、今後頑張って欲しい。
またチャンスを与えられずに予想通り落選した根本についても
実に気の毒としかいいようがない。
両サイドをこなせる駒野は決まっていただろうから、森崎の守備が意外に
計算出来るレベルになったとチュニジア戦で判断されたのだろう。
(私は森崎のポジションが日本のウィークポイントになると思う)

さて、どうしても触れておかねばならないことがある。
それは高原の選出が見送られたこと、、、。
専門医6人の意見を聴いた協会が判断したという話だが、
(その決定は間違っていないし、正しいと思うが)
5月の段階で何故無理だと解らなかったのか?理解に苦しむ。
協会サイドは、おそらく大丈夫だろうと高をくくっていたのではないか?
IOCかどこかの(これは解らないが)調査が入って、本当に大丈夫なの?
と急いで調べて、、こんな結果になったのでは?と想像する。
高原に固執して他のOAを選出しなかった監督を含む
サッカー協会のリスク管理能力に疑問を感じずにはいられない。

このコラムを読んでくださった方の中にも、何故?というのがあるかと
思います。ディベートルームで有意義な話し合いがなされる事を願っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。