選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はぎぴー的日本代表(2006.07.03更新)
2006-07-03(Mon) 17:02
GK(3)
1川口能活 75.08.15 30歳 179㎝ (ジュビロ磐田)
12楢崎正剛 76.04.15 30歳 185㎝ (名古屋グランパス)
23西川周作 86.06.18 20歳 183㎝ (大分トリニータ)

CB(5)
22中澤佑二 78.02.25 28歳 187㎝ (横浜Fマリノス)
4高木和道 80.11.21 25歳 188㎝ (清水エスパルス)
2闘莉王※ 81.04.24 25歳 185㎝ (浦和レッズ)

15岩政大樹 82.01.30 24歳 187㎝ (鹿島アントラーズ)
3菊地直哉 84.11.24 21歳 181㎝ (ジュビロ磐田)

SB/WB(4)
7松井大輔 81.05.11 25歳 175㎝ (ルマン:フランス)
17田中隼磨 82.07.31 23歳 174㎝ (横浜Fマリノス)
21徳永悠平 83.09.25 22歳 179㎝ (FC東京)
14家長昭博 86.06.13 20歳 173㎝ (ガンバ大阪)

CMF(4)
18小野伸二 79.09.27 26歳 175㎝ (浦和レッズ)
5阿部勇樹 81.09.06 24歳 176㎝ (ジェフ千葉)
6今野泰幸 83.01.25 23歳 178㎝ (FC東京)

16本田圭佑 86.06.13 20歳 181㎝ (名古屋グランパス)

OMF(3)
10中村俊輔 78.06.24 28歳 178㎝ (セルティック:スコットランド)
8長谷部誠 84.01.18 22歳 177㎝ (浦和レッズ)
19成岡翔  84.05.31 22歳 174㎝ (ジュビロ磐田)

FW(4)
11巻誠一郎 80.08.07 25歳 184㎝ (ジェフ千葉)
9我那覇和樹80.09.26 25歳 182㎝ (川崎フロンターレ)

13佐藤寿人 82.03.12 24歳 170㎝ (サンフレッチェ広島)
20平山相太 85.06.06 21歳 190㎝ (ヘラクレス:オランダ)

(※闘莉王は田中マルクス闘莉王)
(太文字がレギュラーメンバー11人)


(ど素人の日本代表コラム)
【選出基準など、、、】

まず断っておく、これは決してオシムジャパンを想定したものでは無い事。
2010年を考慮しつつ、現段階で「ある程度」計算出来る選手、つまり
所属クラブでコンスタントに活躍出来ている選手を選んだ。
本来、代表監督は自ら目指すチーム像を実現してくれる(してくれそうな)
選手を召集する。しかし、単なる代表ファンである私に本当の(選手の)力は
解らない。よって「観たい選手」というのが最大にして唯一の
召集ポイントとなる。この大前提を、ご理解頂きたい。
(要するにサッカーゲームで誰を使うか?と同じ発想-笑-)


GKは川口と楢崎を、もう4年使う。
経験がものを言うポジション、外す根拠がみつからない。
川口の低さは気になるが、いくつもの修羅場、挫折を味わった彼には
ここぞと言うときのプラスワンが期待出来る。
楢崎は冷静さと闘争心のバランスが良い。国際的な経験値も比較的高い。
西川は若手で常時試合に出ている。
第3GKではあるが、五輪の事を考えても(雰囲気を感じ取って欲しいので)
入れておきたい。

DFは中澤を軸に考えるしかない。
一番は高さ不足をどう解消するか?長身なら良いという短絡的な
発想は違うと思いつつも、U-180㎝で強い日本人DFを私は知らない。
イタリアのカンナバーロやアルゼンチンのアジャラみたいなのがいれば、
別なんだが、、、無い物ねだりしても意味はないだろう。
3バックなら闘莉王を真ん中、中澤と高木のストッパーで。
闘莉王は絶対に攻撃参加するので、時に2バックっぽくなるかな?
高木は、ここ1.2年で、かなり伸びてきた。人にも強いし高さもある。
読みも良いため、戦力になる気がする。
岩政は鹿島でコンスタントなプレーを続けている。
菊地はビルドアップ能力を買い中央で。場合によっては右サイドバックも。
サイドを突破して挙げるクロスが結構、精度高いんだ、、。

サイドは3バックのWB的な使い方が基本だが、4バックのSBも兼ねる。
中心は左WBの松井。彼はルマンでもサイドから、するどいカットインを見せる。
コンダクター的なトップ下に位置するより、活きるのでは?と思う。
右はバランスを取り守備力のある徳永。
ただ走力やスタミナでは田中隼磨が上。左はSBなら家長が面白い。

セントラルMF、日本でいう所のボランチ。
これはアンカーの役割をこなせる選手と、ボールを捌き、時に前線まで
あがりシュートを打てる選手のコンビがいい。
アンカーは今野が最適。危機察知能力は日本で右に出る者はいないだろう。
阿部、小野を試合の性格によって使い分ける。
格上なら、より守備の出来る阿部、同レベルなら小野の展開力に期待。
フランスのマケレレ&ビエラが理想だが、日本人には難しい。
ポルトガルのコスティーニャ&マニシェなら目指せるのでは?
本田は経験が不足しているが、将来的に福西のような身体能力の高い選手に
成長してくれると思う。また4バックで彼の左サイドバックを観たい気もする。

オフェンシブなMFは中村。あと4年頑張ってもらおう!
ドイツW杯ではコンディションが悪すぎた。もっと出来るはずだし、
今大会で何が拙かったか?痛いほど解っただろう。
世界で通用するプレーとしないプレー、自分の長所を伸ばせばいい。
長谷部は急激に成長しているが、まだ中村に追い付くには時間がかかる。
成岡については完全に期待が先行している。現状のレベル的には話に
ならないかも?しかし局所的に見せるビッグプレーがある。

最後にFW、、、かぁ。
結果(得点)だけが求められるポジションではないはずだが、、。
あまりに決定力不足が深刻である為、とりあえずリーグ戦で得点を奪って
いる選手を使うというスタンスがいいだろう。
巻と佐藤は多少なりとも代表で実績がある。
我那覇については、正直、解らないが、、、遅咲きのストライカーという
印象がある。泥臭く得点してくれそうな、、予感。
巻と我那覇がスタメンで、後半、試合展開によって佐藤か平山というパターン。
平山はオランダ1部で8得点(チームのトップスコアラー)挙げている。
順番待ちする必要などないはずだ(苦笑)。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://hagip.blog13.fc2.com/tb.php/113-983dcfa7
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。