選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
U-19日本代表 中国遠征メンバー(21人)
2006-04-18(Tue) 00:41
監督:吉田靖 アシスタントコーチ:森保一 GKコーチ:加藤好男

GK
林  彰洋 1987.05.07 190cm 79kg (流通経済大学)
秋元 陽太 1987.07.11 180cm 74kg (横浜F・マリノス)

DF
福元 洋平 1987.04.12 181cm 68kg (大分トリニータ)
→4/20不参加(チーム事情のため)
柳川 雅樹 1987.05.01 183cm 76kg (ヴィッセル神戸)
槙野 智章 1987.05.11 180cm 73kg (サンフレッチェ広島)
→4/23不参加(チーム事情のため)
堤  俊輔 1987.06.08 177cm 69kg (浦和レッズ)
内田 篤人 1988.03.27 176cm 62kg (鹿島アントラーズ)
→4/20不参加(チーム事情のため)
佐野 克彦 1988.04.30 180cm 61kg (清水エスパルスユース)

MF
梅崎 司  1987.02.23 167cm 64kg (大分トリニータ)
→4/20不参加(チーム事情のため)
森重 真人 1987.05.21 179cm 72kg (大分トリニータ)
柳澤 隼  1987.06.27 174cm 66kg (柏レイソル)
山本 真希 1987.08.24 175cm 65kg (清水エスパルス)
田中 亜土夢1987.10.04 167cm 59kg (アルビレックス新潟)
柏木 陽介 1987.12.15 174cm 72kg (サンフレッチェ広島)
安田 理大 1987.12.20 173cm 65kg (ガンバ大阪)
青山 隼  1988.01.03 182cm 65kg (名古屋グランパスエイト)

FW
河原 和寿 1987.01.29 173cm 65kg (アルビレックス新潟)
青木 孝太 1987.04.27 176cm 67kg (ジェフユナイテッド千葉)
ハーフナー・マイク 1987.05.20 194cm 75kg (横浜F・マリノス)
→4/20不参加(チーム事情のため)
伊藤 翔  1988.07.24 183cm 67kg (中京大学附属中京高校)
→4/23不参加(怪我のため)
長沢 駿  1988.08.25 189cm 72kg (清水エスパルスユース)

※4/20不参加4名、追加召集の予定は無し。
※4/23追加召集
MF長谷川アーリア・ジャスール 1988.10.29 183cm 63kg (横浜F・マリノスユース)


<スケジュール>

4月23日~27日 中国遠征
4月26日(水)国際親善試合 VS U-19中国代表


<はぎピー的感想>

基本的には1月に遠征したカタール国際と同じメンバー。
それぞれ高校から、あるいはクラブユースからJリーグに所属を
かえているが、、既にこれがベストメンバーという意識で吉田監督はいるのだろう。
MF柏木(広島)が復帰し、FW森島(C大阪)が外れている、、
そしてエース格ながら怪我から復帰しきれていない森本(東京V)を召集しなかった、
くらいだろう。

カタール国際をどういうスタメンで闘ったか資料がないので
変な事は書けないが、、、
昨年のアジア1次予選から続く強化からすれば、
GK秋元、CB福元、槙野、SB内田、堤(安田)、DH青山、柏木
SH山本(梅崎)、柳澤、FWハーフナーマイク、河原、、といったところか?
成長が目に見えて解る世代だけに、スタメン争いは厳しいだろう。
合宿等で勝手知ったるメンバー、
コンビネーションなどは熟成機に入っていると思われる。

しかしアジアユースは10月末から11月にかけて(10/29~11/12)行われる。
まだまだ時間がある。
ここに入っていないメンバーでも、Jリーグでアピール出来れば、、、
またそういう選手が出てきてもらわないと、1次リーグ敗戦もあり得る
厳しいグループに入っているのだ。
(グループC:日本、イラン、タジキスタン、北朝鮮)
ここで勝ち抜いても準々決勝でサウジアラビアかイラクと当たる。
何度もアジアナンバーワンになった経験を持つ(日本は一度もなし)国だ。
スタメンを張るメンバーはJリーグでも試合に出続けている、、
くらいのレベルにないと、ワールドユース(U-20W杯)連続出場が厳しく
なってしまうだろう。


(ど素人の日本代表コラム)
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://hagip.blog13.fc2.com/tb.php/105-2c3ed70f
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。