選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
U-16日本代表チーム ドイツ遠征メンバー(18人)
2005-08-29(Mon) 18:47
監督:吉武博文 コーチ:望月聡 GKコーチ:赤池保幸

GK
1大谷幸輝 1989.04.08 182cm 71kg (浦和レッドダイヤモンズユース)
12高木駿  1989.05.22 180cm 73kg (ヴェルディユース)

DF
6鈴木惇  1989.04.22 168cm 67kg (アビスパ福岡U-18)
3吉田啓祐 1989.05.07 182cm 70kg (ヴェルディユース)
4堀田秀平 1989.05.12 180cm 71kg (柏レイソルU-18)
13椋原健太 1989.07.06 170cm 61kg (FC東京U-18)
2三宅徹  1989.09.21 187cm 72kg (名古屋グランパスエイト)
14柿沼貴宏 1989.11.12 169cm 63kg (大宮アルディージャユース)

MF
18下田光平 1989.04.08 179cm 68kg (秋田市立秋田商業高校)
11中田健太郎 1989.05.13 166cm 56kg (名古屋グランパスエイト)
7木暮郁哉 1989.06.28 173cm 54kg (三菱養和サッカークラブユース)
5市原秀篤 1989.10.25 173cm 62kg (ジェフユナイテッド市原・千葉ユース)
17花井聖  1989.11.10 174cm 58kg (名古屋グランパスエイト)
10清武弘嗣 1989.11.12 170cm 55kg (大分トリニータU-18)

FW
16渡部大輔 1989.04.19 167cm 63kg (大宮アルディージャユース)
8小井土翔 1989.08.03 173cm 68kg (ジェフユナイテッド市原・千葉ユース)
9中野裕太 1989.08.30 180cm 68kg (サンフレッチェ広島F.Cユース)
15畠山祐輔 1989.09.01 184cm 67kg (三重県立四日市中央工業高校)


<スケジュール>

9月13日(火) トレーニングマッチ
9月14日(水) VS ブルガリア代表 
9月16日(金) VS カタール代表
9月18日(日) VS ドイツ代表 

<はぎぴー的感想>

2007年カナダで行われるワールドユース大会。
その出場権獲得を目指すチーム(U-18代表:吉田監督)の
次の世代が彼等である。
上記メンバーは1989年生まれ、再来年のU-17世界選手権を
闘う資格がない、、、恵まれない年に生まれた選手達と言える。

今年U-15代表は(来年はU-16代表でアジア予選を戦う)城福浩監督のもと、
立ち上げられた。
城福監督はU-16代表も豊田国際、北海道国際で観ているが、、
今回のドイツ遠征は3月に行われたモンテギュー国際大会(フランス)
を率いた吉武監督が指揮を執る。
(この辺の役割分担がよく解らないんだが、、、??)

今回の遠征メンバーはモンテギュー国際大会経験者が10人。
豊田国際経験者が5人。北海道国際経験者が5人。
(モンテギューと豊田OR北海道は重複者あり)
こんなデータはあまり意味がないかもしれないが、、、
そこそこメンバーが固定されている、というか、
光る選手が揃っているのだと思う(願う)。

彼等は飛び級でもしない限り、世界大会(公式戦)を闘えない。
今回の様に海外で行われる大会に参加し、
経験を「力」に変えていく必要がある。がんばって欲しい。


(ど素人の日本代表コラム トップページへ)
スポンサーサイト
U-15日本代表候補 トレーニングキャンプメンバー
2005-08-25(Thu) 16:00
監督:城福浩 コーチ:小倉勉 GKコーチ:川俣則幸

GK
大畑拓也 1990.05.28 170cm 53kg (伊勢市立港中学校)
土師一将 1990.09.03 179cm 64kg (久留米市立田主丸中学校)

DF
清山大輔 1990.04.11 175cm 68kg (01ディアマント・F・C鹿児島)
阿部真成 1990.04.30 168cm 55kg (常葉学園橘中学校)
井戸康雄 1990.05.03 170cm 59kg (常葉学園橘中学校)
島川俊郎 1990.05.28 179cm 65kg (柏レイソルユースU-15)
佐伯尚平 1990.06.22 177cm 70kg (西条市立西条北中学校)
池田涼司 1990.08.19 164cm 52kg (浦和レッドダイヤモンズジュニアユース)
横山文也 1990.08.23 182cm 73kg (ヴィラル木花サッカークラブジュニアユース)
宮川勇貴 1990.10.12 174cm 58kg (ヴェルディジュニアユース)

MF
田邉草民 1990.04.06 172cm 60kg (Forza‘02)
中谷柾名 1990.04.28 171cm 56kg (ヴィッセル神戸ジュニアユース)
川村武蔵 1990.05.15 161cm 49kg (鹿児島市立桜島中学校)
濱中祐輔 1990.05.15 167cm 55kg (小倉南フットボールクラブジュニアユース)
横山博一 1990.05.18 168cm 53kg (福津市立福間東中学校)
市瀬勇樹 1990.06.06 178cm 60kg (ジェフユナイテッド市原・千葉ジュニアユース辰巳台)
山浦公裕 1990.10.29 170cm 58kg (FCトリプレッタJrユース)

FW
斎藤学  1990.04.04 158cm 46kg (横浜F・マリノスジュニアユース)
工藤壮人 1990.05.06 172cm 60kg (柏レイソルユースU-15)
山崎正登 1990.05.12 166cm 51kg (柏レイソルユースU-15)
小林正和 1990.05.14 172cm 62kg (ヴィッセル神戸ジュニアユース)
不老祐介 1990.08.30 177cm 62kg (長崎ドリームFC)


<スケジュール>

8月26日(金)13:30 トレーニングマッチ vs 岐阜工業高校
8月27日(土) 9:00 トレーニングマッチ vs 名張西高校
       16:30 トレーニングマッチ vs 成立学園高校
8月28日(日) 9:00 トレーニングマッチ vs 琴丘高校


(ど素人の日本代表コラム トップページへ)
日本代表 ドイツW杯アジア最終予選イラン代表戦メンバー(23人)
2005-08-09(Tue) 18:48
監督:ジーコ テクニカルアドバイザー:エドゥー
フィジカルコーチ:里内猛 GKコーチ:カンタレリ

GK
12土肥洋一 1973.07.25 184cm 84kg (FC東京)
23川口能活 1975.08.15 179cm 78kg (ジュビロ磐田)
1楢崎正剛 1976.04.15 185cm 76kg (名古屋グランパスエイト)

DF
2田中誠  1975.08.08 178cm 74kg (ジュビロ磐田)
3茶野隆行 1976.11.23 177cm 74kg (ジュビロ磐田)
5宮本恒靖 1977.02.07 176cm 72kg (ガンバ大阪)
14三都主アレサンドロ  1977.07.20 178cm 69kg (浦和レッズ)
22中澤佑ニ 1978.02.25 187cm 78kg (横浜F・マリノス)
20坪井慶介 1979.09.16 179cm 67kg (浦和レッズ)
→8/14左太もも痛のため合宿不参加
21加地亮  1980.01.13 177cm 73kg (FC東京)
17駒野友一 1981.07.25 171cm 71kg (サンフレッチェ広島)
29茂庭照幸 1981.09.08 181cm 77kg (FC東京)

MF
15福西崇史 1976.09.01 181cm 77kg (ジュビロ磐田)
8小笠原満男 1979.04.05 173cm 72kg (鹿島アントラーズ)
19本山雅志 1979.06.20 175cm 66kg (鹿島アントラーズ)
25村井慎二 1979.12.01 174cm 70kg (ジュビロ磐田)
4遠藤保仁 1980.01.28 178cm 75kg (ガンバ大阪)
30阿部勇樹 1981.09.06 175cm 68kg (ジェフユナイテッド千葉)
26今野泰幸 1983.01.25 178cm 73kg (FC東京)

FW
28玉田圭司 1980.04.11 173cm 63kg (柏レイソル)
16大黒将志 1980.05.04 177cm 74kg (ガンバ大阪)
9巻誠一郎 1980.08.07 184cm 77kg (ジェフユナイテッド千葉)
27田中達也 1982.11.27 167cm 63kg (浦和レッズ)
→8/14急性腰痛(ぎっくり腰)のため不参加


※怪我人に関するジーコ監督の考え方
メンバーに、あえて怪我をしている田中達也と坪井慶介の両選手を残した
ことに関しては、イラン戦までの回復を期待するのと同時に、
彼らのチームへの貢献を配慮してリストに入れた。


<スケジュール>

8月17日(水)19:30 ドイツW杯アジア最終予選 VS イラン代表(日産ス)
選手採点はこちらからご覧下さい。


<はぎぴー的感想>

東アジア選手権のメンバーをそのまま召集している。
坪井、田中達など怪我人に対しては、ジーコ監督の考え方もまた
「有り」だと思う。
それに1試合だけ(しかも国内)という性格から
誰かを呼んでも、使う目処は立たないだろう。
2人が間に合わずとも、(21人で)リスク管理上も問題ない。
仮にFWにもうひとり怪我人が出ても、本山をFW起用すれば何とかなるし、
言葉は悪いが消化試合でもあるわけで、、
そう目くじら立てて騒ぐレベルではない(苦笑)。

東アジア選手権で、やっと両アウトサイド、DFラインに競争原理が
もたらされた。ボランチにしても新しいタイプの選手が出てきた。
対戦相手の力量、、を考慮すれば、
「選手層が厚くなった!」と諸手をあげて喜ぶわけにもいかないが、
今までが酷すぎたので、、、(笑)。

ただ10月の東欧遠征に向けて、オールスターに選ばれるだろうDF陣の
バックアッパーをピックアップしておかないと、、、。
発言をひっくり返してプロテクト、なんて出来ないのだから、、。


(ど素人の日本代表コラム・トップページへ)
U-18日本代表 SBSカップ国際ユースサッカーメンバー(18人)
2005-08-09(Tue) 01:32
監督:吉田靖 アシスタントコーチ:森保一 GKコーチ:加藤好男

GK
1林彰洋  1987.05.07 190cm 79kg (流通経済大学付属柏高校)
18秋元陽太 1987.07.11 180cm 74kg (横浜F・マリノスユース)

DF
4福元洋平 1987.04.12 184cm 73kg (大分トリニータU-18)
5槙野智章 1987.05.11 178cm 66kg (サンフレッチェ広島F.Cユース)
3堤俊輔  1987.06.08 177cm 70kg (浦和レッドダイヤモンズユース)
2内田篤人 1988.03.27 175cm 60kg (静岡県立清水東高校)

MF
7梅崎司  1987.02.23 167cm 64kg (大分トリニータ)
8山本真希 1987.08.24 176cm 67kg (清水エスパルスユース)
→8/15チーム事情のため辞退
→8/15MF松本怜 1988.02.25 174cm 59kg (青森山田高校)追加召集
→8/17ケガのため登録抹消
→8/17MF森重真人 1987.05.21 179cm 72kg (広島皆実高校)追加召集
12森野徹  1987.05.12 168cm 60kg (船橋市立船橋高校)
14柳澤隼  1987.06.27 173cm 62kg (柏レイソルユースU-18)
15中川裕平 1987.07.24 177cm 65kg (三重県立四日市中央工業高校)
10柏木陽介 1987.12.15 175cm 65kg (サンフレッチェ広島F.Cユース)
6青山隼  1988.01.03 182cm 70kg (名古屋グランパスエイト)
16長谷川・アーリア・ジャスール 1988.10.29 186cm70kg(横浜F・マリノスユース)

FW
11河原和寿 1987.01.29 173cm 65kg (アルビレックス新潟)
9ハーフナー・マイク  1987.05.20 194cm 75kg (横浜F・マリノスユース)
13森本貴幸 1988.05.07 182cm 75kg (東京ヴェルディ1969)
→8/18チーム事情のため辞退(追加召集無し)
17伊藤翔  1988.07.24 181cm 67kg (中京大学附属中京高校)
→8/15怪我のため辞退
→8/15FW長谷川悠 1987.07.05 182cm 73kg (流通経済大学付属柏高校)追加召集



<スケジュール>

8月18日(木)2005 SBSカップ 国際ユースサッカー
14:00 U-18日本代表 VS U-18セネガル代表(藤枝総合運動公園)
16:20 静岡ユース VS U-18アルゼンチン代表(藤枝総合運動公園)
8月19日(金)
14:00 U-18日本代表 VS 静岡ユース(日本平スタジアム)
16:20 U-18アルゼンチン代表 VS U-18セネガル代表(日本平スタジアム)
8月21日(日)
15:00 U-18日本代表 VS U-18アルゼンチン代表(静岡スタ)→採点あり。
17:20 静岡ユース VS U-18セネガル代表  (静岡スタジアム)

※8/21 U-18日本代表のアルゼンチン戦を採点しています。他の試合は9/7前後に採点アップ予定です。


<はぎぴー的感想>

メンバーは前回召集時(国際ユースサッカーIN新潟)とほぼ同じ。
新潟では高橋が選出されていたが、GKは林の方が安定しているのだろう。
今年に入って他の大会(合宿を含めて)はほぼ林、、である。

DFでは新潟で離脱したヴェルディの三原に替わり追加召集された
堤が今回続けて召集された。
恐らくは槙野、福元あたりがDFの中心なのだろうから
どういう使われ方をするのせよ、
コンビネーションを築きたいところだ。
大島(柏)が外れている事は、、疑問。
そしてこの世代では抜群のセンスを持つ吉兼(FC東京)も
左サイドのスペシャリスト金子(千葉)も最近呼ばれていない。
U-16世代でアジアを突破出来なかった選手は信頼されていないか、
伸び悩んでいるのか?どちらだ???

中盤は不動のメンバーだが、
今回新たに長谷川・アーリア・ジャスールが召集されている。
申し訳ないが、この選手は聴いたことがない。
私のデータベースを調査したが、
ここ数年はカテゴリー代表として日の丸を背負っていない。
名前からしてハーフか何か?
長身で、どういうプレーをするのか楽しみな選手だ。
しかし中盤は、山本、柳澤といった計算出来る選手が中心になる。

FWではやっとエース格の森本が選出された。
アジア1次予選まで時間の無い(大会形式はこれと仙台杯だけ)
中で合流、、、。
彼は学年的に1年下なので、このメンバーだと
伊藤、青山くらいしか合わせた経験がないのでは?と思う。
ちょっと連携面が不安だが、アジアユース、ワールドユース出場の
経験を、このチームに注ぎ込んで欲しい。


(ど素人の日本代表コラム・トップページへ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。