選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
U-16日本代表 北海道国際ユースサッカー大会メンバー(18人)
2005-07-27(Wed) 17:16
監督:城福浩 コーチ:松本吉英 GKコーチ:石末龍治

GK
大谷幸輝 1989.04.08 182cm 71kg (浦和レッドダイヤモンズユース)
大畑拓也 1990.05.28 170cm 53kg (港中学校)

DF
佐川雅也 1989.05.06 182cm 65kg (ヴィッセル神戸ユース)
三宅徹  1989.09.21 187cm 72kg (名古屋グランパスエイト)
市原秀篤 1989.10.25 173cm 62kg (ジェフユナイテッド市原・千葉ユース)
川崎陽介 1990.01.17 170cm 66kg (鹿児島実業高校)
鈴木大輔 1990.01.29 175cm 60kg (星稜高校)
→8/18チーム事情のため辞退
→8/18DF水本勝成 1990.02.19 178cm 65kg (ルーテル学院高校)追加召集
山住允  1990.02.18 182cm 70kg (鹿島アントラーズユース)
中林佑馬 1990.02.27 182cm 70kg (川崎フロンターレU-18)

MF
平直也  1989.01.05 153cm 53kg (日章学園高校)
下田光平 1989.04.08 179cm 68kg (秋田商業高校)
中田健太郎 1989.05.13 166cm 56kg (名古屋グランパスエイト)
安田晃大 1989.08.08 164cm 55kg (ガンバ大阪ユース)
八反田康平 1990.01.08 168cm 50kg (鹿児島中央高校)
乾達朗  1990.01.30 167cm 55kg (ジェフユナイテッド市原・千葉ユース)

FW
清水航平 1989.04.30 168cm 60kg (東海大学第五高校)
横竹翔  1989.08.30 176cm 73kg (サンフレッチェ広島F.C.ユース)
鶉野博之 1990.03.15 165cm 58kg (国見高校)


<スケジュール>

8月19日(金)10:00 VS ソウル特別市U-16選抜(厚別公園競技場)
8月20日(土)10:00 VS コンサドーレ札幌U-16(札幌ドーム)
8月21日(日)10:00 順位決定戦(札幌ドーム)


(ど素人の日本代表コラム トップページへ)
スポンサーサイト
U-16日本代表 豊田国際ユースサッカー大会メンバー(18人)
2005-07-27(Wed) 17:15
監督:城福浩 コーチ:山下正人 GKコーチ:大橋昭好

GK
木下正貴 1989.06.22 185cm 78kg (ガンバ大阪ユース)
廣永遼太郎 1990.01.09 183cm 75kg (FC東京U-18)
→8/9チーム事情のため不参加
→8/9兼田亜季重 1990.02.26 182cm 73kg(サンフレッチェ広島F.Cユース)追加召集

DF
堀田秀平 1989.05.12 180cm 71kg (柏レイソルU-18)
須崎恭平 1989.06.21 176cm 65kg (ジュビロ磐田ユース)
米田淳人 1989.08.06 176cm 64kg (前橋育英高校)
高橋宏次郎 1990.01.08 175cm 65kg (広島皆実高校)
中林佑馬 1990.02.27 182cm 70kg (川崎フロンターレU-18)

MF
渡部大輔 1989.04.19 167cm 63kg (大宮アルディージャユース)
鈴木惇  1989.04.22 168cm 67kg (アビスパ福岡U-18)
山本康裕 1989.10.29 176cm 69kg (ジュビロ磐田ユース)
清武弘嗣 1989.11.12 170cm 55kg (大分トリニータU-18)
柿谷曜一朗 1990.01.03 172cm 58kg (セレッソ大阪U-18)
加藤昂  1990.02.02 175cm 62kg (広島皆実高校)
原田開  1990.02.02 156cm 51kg (ジュビロ磐田ユース)

FW
谷島央規 1989.04.15 178cm 65kg (横浜F・マリノスユース)
中野裕太 1989.08.30 180cm 68kg (サンフレッチェ広島FCユース)
長谷部彩翔 1990.02.06 167cm 56kg (アルビレックス新潟ユース)
大石直人 1990.02.24 168cm 65kg (桐光学園高校)


<スケジュール>

8月11日(木)第6回豊田国際ユースサッカー大会
       16:30 VS U-16ロシア代表 (豊田市運動公園球技場)
8月13日(土)16:30 VS U-16メキシコ代表(豊田市運動公園球技場)
8月14日(日)順位決定戦(豊田スタジアム)


(ど素人の日本代表コラム トップページへ)
日本代表 東アジアサッカー選手権大会2005メンバー(23人)
2005-07-19(Tue) 15:50
団長:釜本邦茂 監督:ジーコ テクニカルアドバイザー:エドゥー
フィジカルコーチ:里内猛 GKコーチ:カンタレリ

GK
12土肥洋一 1973.07.25 184cm 84kg (FC東京)
23川口能活 1975.08.15 179cm 78kg (ジュビロ磐田)
1楢崎正剛 1976.04.15 185cm 76kg (名古屋グランパスエイト)

DF
三浦淳宏 1974.07.24 175cm 73kg (ウィッセル神戸)
→7/28左ふくらはぎ肉離れのため離脱
→7/28 17駒野友一 1981.07.25 171cm 71kg (サンフレッチェ広島)追加召集
2田中誠  1975.08.08 178cm 74kg (ジュビロ磐田)
3茶野隆行 1976.11.23 177cm 74kg (ジュビロ磐田)
5宮本恒靖 1977.02.07 176cm 72kg (ガンバ大阪)
14三都主アレサンドロ  1977.07.20 178cm 69kg (浦和レッドダイヤモンズ)
22中澤佑ニ 1978.02.25 187cm 78kg (横浜F・マリノス)
20坪井慶介 1979.09.16 179cm 67kg (浦和レッドダイヤモンズ)
21加地亮  1980.01.13 177cm 73kg (FC東京)
29茂庭照幸 1981.09.08 181cm 77kg (FC東京)

MF
15福西崇史 1976.09.01 181cm 77kg (ジュビロ磐田)
8小笠原満男 1979.04.05 173cm 72kg (鹿島アントラーズ)
19本山雅志 1979.06.20 175cm 66kg (鹿島アントラーズ)
25村井慎二 1979.12.01 174cm 70kg (ジュビロ磐田)
4遠藤保仁 1980.01.28 178cm 75kg (ガンバ大阪)
30阿部勇樹 1981.09.06 175cm 68kg (ジェフユナイテッド千葉)
26今野泰幸 1983.01.25 178cm 73kg (FC東京)

FW
久保竜彦 1976.06.18 181cm 73kg (横浜F・マリノス)
→7/25コンディション不良のため不参加
→7/27 9巻誠一郎 1980.08.07 184cm 77kg (ジェフユナイテッド千葉)追加召集
28玉田圭司 1980.04.11 173cm 63kg (柏レイソル)
16大黒将志 1980.05.04 177cm 74kg (ガンバ大阪)
27田中達也 1982.11.27 167cm 63kg (浦和レッドダイヤモンズ)


<スケジュール>

7月25日(月)~ トレーニングキャンプ(千葉県成田)29日 韓国入り
7月31日(日)19:30 東アジア選手権 vs北挑戦代表(大田)
8月3日(水) 20:20 東アジア選手権 vs中国代表(大田)
8月7日(日) 20:00 東アジア選手権 vs韓国代表(大邸)

   (※韓国との時差は無し、TV中継はテレ朝系が担当する)


<はぎぴー的感想>

ジーコ監督が宣言していた通り、欧州組はメンバーから外れた。
新戦力として初招集となったのが、村井(磐田)、今野(FC東京)、
田中達(浦和)の3人だ。
2月北朝鮮戦以来の阿部(千葉)、コンフェデ杯は追加だった茂庭(FC東京)
も順当に選ばれた。

ファンの誰もが望んでいたアテネ世代との融合が計られようとしている?
単なる数合わせ(選手の頭数)にならない為に
是非とも試合で使って(能力を判断して)欲しいものだ。

驚いたのは、まだ30分程度しか試合に出られない久保(横浜)を
強行召集したこと。やはりジーコ監督は久保に期待しているのだろう。
1次予選で彼に救われたという思いと、
彼の力を2006年にむけてアップしたい!という思い、両方かな?

いずれにせよ、反ジーコを掲げる方々も、
そこそこ納得出来る召集内容になっているのでは?と思う。
(U-180のDF陣を何とか出来ないの?という不満はあるだろうが、、、)

韓国は国内組オンリー、しかもユース年代の選手も入れている。

この大会は、優勝を争うカップ戦だが、、
その性格は新戦力発掘のテストマッチ色が強い。
どんな試合(大会)も勝つ気持ちで闘う事は必要だが、
相手が選手を落としてきているのだから、勝ったところで
優越感に浸れるモノでもない。

ジーコ監督には目先の勝ち負けに拘らず、(拘っても良いから、、)
積極的な選手起用で、代表にプラスαの力を注ぎ込めるような、
大会にして貰いたい。


(ど素人の日本代表コラム トップページへ)
ユニバーシアード日本代表 合宿及び大会登録メンバー(20人)
2005-07-14(Thu) 22:50
団長:吉見章(明治大学) 監督:乾真寛(福岡大学)
コーチ:松本直也(桃山学院大学) GKコーチ:柳楽雅幸(横浜F・マリノス)

GK
1赤星拓(福岡大学) 1984.04.21 185/80(←福大大濠高校)
12時久省吾(早稲田大学) 1984.04.15 187/84(←大津高校)
18飯塚渉(流通経済大学) 1985.07.31 182/71(←静岡学園高校)

DF
2徳永悠平(早稲田大学)1983.09.25 179/74(←国見高校)U-23日本代表
3小宮山尊信(順天堂大学)1984.10.03 174/69(←市立船橋高校)
4秋葉陽一(筑波大学)1983.11.23 182/73(←浦和ユース)
5登尾顕徳(福岡大学)1983.11.30 185/72(←鹿児島実業高校)
13廣井友信(駒澤大学)1985.01.11 180/75(←前橋育英高校)

MF
6池上礼一(仙台大学)1983.07.12 176/70(←習志野高校)FC東京特別指定
7伊野波雅彦(阪南大学)1985.08.28 177/72(←鹿児島実業高校)U-20日本代表
8兵藤慎剛(早稲田大学)1985.07.29 171/63(←国見高校) U-20日本代表
10藤本淳吾(筑波大学)1984.03.24 172/69(←桐光学園高校)U-21日本代表
14衛藤裕(福岡大学)1983.10.17 173/65(←東福岡高校)
15金澤大将(東京学芸大学)1983.12.01 170/62 (←藤枝東高校)
16辻尾真二(中央大学)1985.12.23 180/72(←初芝橋本高校)U-21日本代表

FW
9赤嶺真吾(駒澤大学)1983.12.08 178/74(←鹿児島実業高校)FC東京特別指定
11原一樹(駒澤大学)1985.01.05 177/70(←市立船橋高校)U-20日本代表候補
17小松塁(関西学院大学)1983.08.29 187/75(←高知追手前高校)C大阪特別指定
19巻佑樹(駒澤大学)1984.06.26 182/74(←国見高校)
20高橋大輔(福岡大学)1983.09.18 178/74 (←柳川高校)


<スケジュール>

7月17~26日 強化合宿(ドイツ・デュッセルドルフ)

21日 VS Borussia Monchengladbach
23日 VS Wuppertaler S.V. Borussia 2nd
24日 VS R.W. Oberhausen 

8月10日~20日 第23回ユニバーシアード競技大会2005(トルコ・イズミル)

10日 予選Bグループ第1戦 VS タイ
12日 予選Bグループ第2戦 VS アイルランド
14日 予選Bグループ第3戦 VS ロシア
16日 決勝トーナメント 準々決勝
18日 決勝トーナメント 準決勝
20日 決勝トーナメント 決勝


<はぎぴー的感想>

5月に行われたミドルセックス・ワンダラーズ戦のメンバーが中心の様だ。
選手構成は来年Jリーグに入ってくるかもしれない(現在、特別指定選手)
4年生が多いものの、U-20代表でワールドユースを経験した2年生、
U-21代表でツーロン国際を経験した3年生も含まれている。

ただエース格の平山相太(筑波大)が入っていないのは何故か?
(1次登録の段階で外されているのはいくらなんでも、、、)
平山は疲労しているから、、という理由を聴いた記憶がある。
しかしそれはワールドユースに出場した兵藤も同じではないか?と
突っ込みを入れたくなった(笑)。
その答えが、東アジア選手権にあるのか?は全くもって不明。
平山本人が東アジア選手権出場を希望しているような報道もあったが、
さて、どうなんだろう?、、今の彼の力では、、、、、(苦笑)。

大学生選抜ということで、、
高校卒業段階でJに入れなかった、、という厳しい見方も出来るが、
徳永や兵藤の様に敢て進学を選んだ選手達もいる。
そして大学に入ってから力を付けた者も、、、。
ワールドユースの成績(1勝も出来なかった)から、大学サッカーへの
疑問の声も出てきているが、、、
連覇がかかっている大会、頑張ってもらいたい。
この中から、岩政(鹿島←東京学芸大)や、巻(千葉←駒澤大)のような
Jで活躍する選手が何人出てくるか、、、、楽しみだ。
(と言っても、この大会をTV観戦出来る訳ではないが、、、-苦笑-)


(ど素人の日本代表コラム トップページへ)
U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(24人)
2005-07-12(Tue) 15:27
監督:城福浩 コーチ:小倉勉 GKコーチ:川俣則幸

GK
廣永遼太郎 1990.01.09 183cm 75kg (FC東京U-18)
兼田亜季重 1990.02.26 182cm 73kg (サンフレッチェ広島F.Cユース)

DF
柳祥太郎  1990.04.26 174cm 65kg (大分トリニータU-15)
甲斐公博  1990.05.16 176cm 60kg (FC K MARRY GOLD KUMAMOTO 光の森)
根立研裕  1990.05.16 165cm 50kg (柏レイソル青梅)
嘉涼平   1990.05.26 168cm 55kg (01ディアマント・F・C鹿児島)
稲葉将   1990.05.30 176cm 68kg (ジェフユナイテッド市原・千葉ジュニアユース習志野)
笛田祥平  1990.07.23 169cm 59kg (FC前橋ジュニアユース)
吉留一貴  1990.08.07 173cm 60kg (甲賀市立甲南中学校)

MF
柿谷曜一朗 1990.01.03 172cm 58kg (セレッソ大阪U-18)
八反田康平 1990.01.08 168cm 50kg (鹿児島県立鹿児島中央高校)
乾達朗   1990.01.30 167cm 55kg (ジェフユナイテッド市原・千葉ユース)
加藤昂   1990.02.02 175cm 62kg (広島皆実高校)
比嘉厚平  1990.04.30 163cm 55kg (柏レイソルユースU-15)
高橋峻希  1990.05.04 164cm 54kg (浦和レッドダイヤモンズジュニアユース)
横山博一  1990.05.18 168cm 53kg (福間町立福間東中学校)
岡本知剛  1990.06.29 174cm 63kg (サンフレッチェびんごジュニユースフットボールクラブ)
山田直輝  1990.07.04 159cm 49kg (浦和レッドダイヤモンズジュニアユース)

FW
長谷部彩翔 1990.02.06 167cm 56kg (アルビレックス新潟ユース)
斎藤学   1990.04.04 158cm 46kg (横浜F・マリノスジュニアユース)
大塚翔平  1990.04.11 176cm 63kg (ガンバ大阪ジュニアユース)
小林正和  1990.05.14 172cm 62kg (ヴィッセル神戸ジュニアユース)
端戸仁   1990.05.31 173cm 58kg (横浜F・マリノスジュニアユース)
不老祐介  1990.08.30 177cm 62kg (長崎ドリームFC)


<スケジュール>

7月19日~   トレーニングキャンプ
7月21日~26日 トレーニングマッチ

7月21日(木)VS 筑陽高校(国見町総合運動公園)
       VS 国見高校(国見町総合運動公園)
7月24日(日)VS 東海大第五高校(大津町運動公園)
7月25日(月)VS 大津高校   (大津町運動公園)
7月26日(火)VS 鹿児島実業高校(大津町運動公園)

(ど素人の日本代表コラム トップページへ)
U-18日本代表 国際ユースサッカーIN新潟メンバー(18人)
2005-07-04(Mon) 19:14
監督:吉田靖 アシスタントコーチ:森保一 GKコーチ:加藤好男

GK
1高橋初  1987.06.26 181cm 73kg (桐光学園高校)
18秋元陽太 1987.07.11 180cm 74kg (横浜F・マリノスユース)

DF
4福元洋平 1987.04.12 184cm 73kg (大分トリニータU-18)
5槙野智章 1987.05.11 178cm 66kg (サンフレッチェ広島ユース)
3三原直樹 1987.06.19 173cm 66kg (ヴェルディユース)7/15怪我のため離脱
→堤俊輔 1987.06.08 177cm 70kg (浦和レッズユース)7/15追加召集
16堀越寛人 1987.12.08 180cm 72kg (前橋育英高校)
2内田篤人 1988.03.27 175cm 60kg (静岡県立清水東高校)
13大島嵩弘 1988.04.14 179cm 69kg (柏レイソルユースU-18)

MF
7梅崎司 1987.02.23 167cm 64kg (大分トリニータ)
12森野徹  1987.05.12 168cm 60kg (船橋市立船橋高校)
14柳澤隼  1987.06.27 173cm 62kg (柏レイソルユースU-18)
15中川裕平 1987.07.24 177cm 65kg (三重県立四日市中央工業高校)
8山本真希 1987.08.24 176cm 67kg (清水エスパルスユース)
10柏木陽介 1987.12.15 175cm 65kg (サンフレッチェ広島ユース)
6青山隼  1988.01.03 182cm 70kg (名古屋グランパスエイト)

FW
9河原和寿 1987.01.29 173cm 65kg (アルビレックス新潟)
11ハーフナー・マイク 1987.05.20 194cm 75kg (横浜F・マリノスユース)
17伊藤翔  1988.07.24 181cm 67kg (中京大学附属中京高校)


<スケジュール>

7月13日(水) 19:00 トレーニングマッチ VS 新潟県高校選抜
7月15日(金) 国際ユースサッカー IN 新潟
       15:00 VS アルビレックス新潟ユース
7月17日(日) 15:00 VS U-18オマーン代表
7月18日(月) 12:00 3位決定戦 A組2位  VS B組2位
       14:30 5位決定戦 A組3位  VS B組3位
       15:00 決勝    A組1位  対 B組1位(新潟スタジアム)

グループA U-18日本代表、U-18オマーン代表、アルビレックス新潟ユース
グループB 新潟県高校選抜、U-18ルーマニア代表、U-18韓国選抜

(グループA、Bはどちらか不明、グループ分けは正しいと思う)


<はぎぴー的感想>

この大会は新潟県の高校生年代強化が目的なのだろうから
組み合わせ&スケジュールに文句を言うべきではないが、、、、、、。
せっかくの国際大会でU-18代表が確実に当たれる外国の代表がオマーンだけ
というのは何とも寂しい感じがする。
順位決定戦で新潟県高校選抜と対戦することになれば、
この大会は日本代表にとって、もはや国際大会(経験)ではなく
単なる国内のトレーニングマッチになってしまう。
だいたい高校選抜とは事前にトレーニングマッチを行う予定ではないか!!
大会主催者の方も、少し配慮してもらえないだろうか、、、、?
特に新潟所属のFW河原にとっては紅白戦みたいなもの??(苦笑)。

メンバーは6月のポルトガル遠征とほぼ同じメンバー。
各ポジションで1.2名の入れ替えがある程度。
成績的に芳しくなかったメンバーから入れ替えが無いというのは
入れ替えようもない程にこのメンバーが優れているのか?
それとも、入れ替わるに値する選手がいないということか?
チームの核となるであろう山本(清水)は入っているが、
エースストライカー森本(東京V)の名前がない。
残すはSBS杯と仙台杯のみ、11月にはアジア予選が始まる。
そろそろ合わせておいた方がいいのではないか?

予備予選の相手は台湾と北朝鮮。
この年代で北朝鮮には勝てていない、、(昨年のU-16代表にて)。
9月から始まる世界大会(U-17世代)に参加し、レベルアップしてくる
北朝鮮に、このメンバーで勝てるのか??
まさか、予備予選で負けてしまう事のないよう願いたい。
そんなことがあれば、北京五輪に期待出来るはずもない。

(ど素人の日本代表コラム トップページへ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。