選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本高校選抜・デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会メンバー(18人)
2005-02-18(Fri) 00:00
監督:大森貞夫(東北高等学校) コーチ:黒田剛(青森山田高等学校)
GKコーチ:菊池新吉(東京ヴェルディ1969)

GK
1中林洋次(市立船橋高→サガン鳥栖)
12片渕洋平(鹿児島実業)

DF
2込山和樹(星稜高)
3渡膤広大(市立船橋高→ベガルタ仙台)
4森下宏紀(市立船橋高)
13入船和真(鵬稍高→サンフレッチェ広島)
18作田裕次(星稜高)

MF
5薬袋克己(市立船橋高)
6鈴木智博(市立船橋高)
7増田洋平(藤枝東高)
8仲谷圭史(青森山田高)
9小寺優輝(青森山田高)
14大畑将徹(星稜高)
15森野徹(市立船橋高)

FW
10福士徳文(盛岡商業)
11山下真太郎(鹿児島実業)
16橋本晃司(星稜高)
17反町一輝(前橋育英高)

※上記メンバーで、デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会に参加予定。

<スケジュール>
3月4日(金)~5日(土)トレーニング
3月6日(日)14:20 静岡ヤングサッカーフェスティバル(VS静岡県選抜)
3月16日(水)~19日(土)欧州遠征直前合宿(中台運動公園/千葉県)
3月19日(水)~30日(水)欧州遠征(スイス/ドイツ)
             デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会参加
スポンサーサイト
U-18日本代表候補・トレーニングキャンプ(30人)
2005-02-17(Thu) 00:00
監督:吉田靖 コーチ:森保一 GKコーチ:加藤好男

GK
碓井健平(静岡県立藤枝東高校)
秋元陽太(横浜F・マリノスユース)
桐畑和繁(柏レイソルユースU-18)
高橋初(桐光学園高校)

DF
槙野智章(サンフレッチェ広島ユース)
増田清一(ヴィッセル神戸ユース)
三原直樹(ヴェルディユース)
坂本和哉(熊本県立大津高校)
作田裕次(星稜高校)
伊藤博幹(ガンバ大阪ユース)
安田理大(ガンバ大阪ユース)
大島嵩弘(柏レイソルユースU-18)
金子拓也(ジェフユナイテッド千葉ユース)

MF
横谷繁(ガンバ大阪ユース)
船山貴之(柏レイソルユースU-18)
森重真人(広島県立広島皆実高校)
柳澤隼(柏レイソルユースU-18)
山本真希(清水エスパルスユース)
柏木陽介(サンフレッチェ広島ユース)
青山隼(名古屋グランパスエイト)
堂柿龍一(関西学院高等部)
赤尾公(鹿児島実業高校)
内田篤人(静岡県立清水東高校)

FW
市原大嗣(熊本県立大津高校)
森野徹(船橋市立船橋高校)
ハーフナー・マイク(横浜F・マリノスユース)
中村祐輝(静岡県立藤枝東高校)
森島康仁(滝川第二高校)
迫田亮介(鹿児島実業高校)
伊藤翔(中京大学附属中京高校)


<スケジュール>

2月23日(水) VSモンテディオ山形 VSソニー仙台 (Jヴィレッジ)


<はぎぴー的感想>

召集されたメンバーは次のワールドユース(07年カナダ)を目指す
世代の選手達で、今回の合宿はその立ち上げとなる。

監督は大熊ジャパン(現U-20日本代表)でコーチを務めている吉田氏。
昨年U-17(18)代表の監督を兼任し、布監督(当時U-16代表監督)と大熊監督の
橋渡し的役割を担った人物である。
つまりこの世代の選手達を最も良く知っており、指導歴も長い事から
協会としてはベストの人選を行ったと言える。
私は布監督がそのまま昇格するものと考えていただけにちょっと意外だが、
考えて見えれば「妥当な線」だ。
(ただ北京五輪を目指す監督が大熊氏ではないか?と思われ、ちょっと怖い)

コーチはサンフレッチェ広島ユースでコーチを務めていた森保氏。
ベガルタ仙台で現役を引退し1年のコーチ経験しかないが、
ドーハの悲劇以降、Jリーグ人気を支えてきた選手(新しい指導者像)
という意味では面白い投与かもしれない。
彼も又、昨年U-18代表のコーチとして国際ユース新潟を戦っている。

選手の多くは現在高校2年生(この4月から高校3年生になる)、
昨年の仙台杯を経験した柳澤、山本、ハーフナーマイク等の年長者に
U-16アジア選手権を経験した大島、金子、青山、内田、伊藤などが融合されている。
新しく召集された選手の中には、高校選手権でのパフォーマンスが評価された
作田、森野らも含まれており、立ち上げメンバーとしては、こんなものだろう。
(悪い意味ではなく、、これから伸びて加わってくる選手がいるはずなのだ。
喜山(ヴェルディユース)や小澤(青森山田)、そしてエース的存在の
森本(東京ヴェルディ)が入っていない、、、。)

6月、オランダで行われるワールドユース以降に本格的な活動開始となる
のだろうが、、昨年U-16アジア選手権(今年U-17世界選手権に出場するはずだった)
で敗れた選手達には特にリベンジのチャンスとして奮起して貰いたい。
U-20日本代表候補・宮崎トレーニングキャンプ(29人)
2005-02-10(Thu) 00:00
監督:大熊清 コーチ:吉田靖 GKコーチ:加藤好男

GK
山本海人(清水エスパルス)
松井謙弥(ジュビロ磐田)
西川周作(大分トリニータ)

DF
吉弘充志(サンフレッチェ広島)
河本裕之(ヴィッセル神戸)
水本裕貴(ジェフユナイテッド千葉)
柳楽智和(アビスパ福岡)
小林祐三(柏レイソル)
丹羽竜平(ヴィッセル神戸)
丹羽大輝(ガンバ大阪)
森下俊(ジュビロ磐田)
中尾真那(サンフレッチェ広島)

MF
杉山浩太(清水エスパルス)
寺田紳一(ガンバ大阪)
中村北斗(アビスパ福岡)
苔口卓也(セレッソ大阪)
兵藤慎剛(早稲田大学)
水野晃樹(ジェフユナイテッド千葉)
船谷圭祐(ジュビロ磐田)
狩野健太(横浜F・マリノス)
家長昭博(ガンバ大阪)
高萩洋次郎(サンフレッチェ広島)
高柳一誠(サンフレッチェ広島)

FW
原一樹(駒沢大学)
平山相太(筑波大学)
カレン・ロバート(ジュビロ磐田)
辻尾真二(中央大学)
城後寿(アビスパ福岡)
前田俊介(サンフレッチェ広島)


<スケジュール>

2月14日(月)トレーニング
2月15日(火)10:30 トレーニングマッチ VSアビスパ福岡
2月16日(水)13:30 トレーニングマッチ VS川崎フロンターレ
2月17日(木)15:00 トレーニングマッチ VS大宮アルディージャ
2月18日(金)10:00 トレーニングマッチ VSベガルタ仙台


<はぎぴー的感想>

毎回召集されているレギュラー格、コンディションを落としていたからか?
召集を見送られてきた選手の復帰、そして高校生(クラブユース)からの抜擢。
U-20世代とU-19世代の融合を計りつつもチームとしてレベルアップしよう
という意図が強く感じられる大熊監督の選手召集だ。
何故?という選手が召集されていないが、恐らくは怪我やクラブ事情、
そして高校選抜(欧州遠征のトレーニング)との絡みだろう。
(それにしてはスケジュール的にあわないが、、、)
将来を期待されるDF陣、岩下(清水)、渡邉(仙台)なども外れている。

今回のメンバーで私が期待するのは狩野健太。
本田(名古屋、今回は召集外)と並び、将来フル代表で活躍出来るだけの素材だ。
他に赤星や細貝(ともに浦和)といった選手も面白いのだが、
大熊監督の目にはとまっていないようだ。

このメンバーに高校選抜の選手が加わって、6月のワールドユースを戦う
事になるのだと思う。
しかし、、前回大会を経験し順調に成長しているのが今野(東京)、坂田(横浜)
菊地(磐田)、小林大(東京V)くらいしかいないのが気になる。
逆にU-20代表から漏れても昨年ベスト11に入った長谷部(浦和)などの例があり
大熊監督の目が正しいのか?(指導法も含めて)サッカー協会は見直す必要性が
あるのかもしれない。
まさか彼がU-25代表(B代表)の監督になんてならないだろうな、、と少し心配だ。
日本代表 W杯アジア最終予選北朝鮮戦メンバー(24人)
2005-02-03(Thu) 00:00
監督:ジーコ テクニカルアドバイザー:エドゥー
フィジカルコーチ:里内猛 GKコーチ:カンタレリ

GK
×12土肥洋一(FC東京)
○23川口能活(ジュビロ磐田)
s1楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)

DF
s17三浦淳宏(ヴィッセル神戸)
○2田中誠(ジュビロ磐田)
×25茶野隆行(ジュビロ磐田)
○5宮本恒靖(ガンバ大阪)
×3松田直樹(横浜F・マリノス)
○14三都主アレサンドロ(浦和レッドダイアモンズ)
○22中澤佑二(横浜F・マリノス)
×26坪井慶介(浦和レッドダイヤモンズ)
○21加地亮(FC東京)

MF
S16藤田俊哉(ジュビロ磐田)
○15福西崇史(ジュビロ磐田)
S10中村俊輔(レッジーナ:イタリア)※2/8合流
○8小笠原満男(鹿島アントラーズ)
×19本山雅志(鹿島アントラーズ)
S6中田浩二(マルセイユ:フランス)
○4遠藤保仁(ガンバ大阪)
×30阿部勇樹(ジェフユナイテッド市原・千葉)

FW
○11鈴木隆行(鹿島アントラーズ)
S20高原直泰(ハンブルガーSV:ドイツ)※2/7合流
○28玉田圭司(柏レイソル)
S31大黒将志(ガンバ大阪)

※○=スタメン、S=サブ、×=ベンチ外

<スケジュール>

2月9日(水) 19:30 VS朝鮮民主主義人民共和国代表(埼玉スタジアム2002)


<はぎぴー的感想>

思った通り18人に絞るのではなく、テストマッチ2試合参加者(負傷した西を除く)
22人に欧州組を加えただけの発表にとどまった。
欧州組はマスコミ報道にあった3人ではなく、稲本を除いた中村、高原の
2人だけだった。稲本を召集しなかった背景には、彼のコンディション以上に
「十分に国内選手で闘える」というジーコの思惑があった為と推測出来る。

このメンバーから当日(前日?)に18人のベンチ入りが決まる。
この段階での感想と言っても、、、、困るのだが、
海外組の召集のあり方、の様なものが、今回決まったのかな?という印象だ。
ただ稲本もコンディションを上げてくるだろうし
小野、中田英も怪我から復帰してくる。大久保だって次は召集されるだろう。
国内選手では久保の復帰が濃厚で、、、どうなるんだろ?とミーハー的な
興味が出てきてしまう(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。