選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はぎぴー的日本代表(2004.12.31更新)
2004-12-31(Fri) 00:00
GK(3)
1 楢崎正剛 76.04.15 185 (名古屋グランパス)
12川口能活 75.08.15 179 (ジュビロ磐田)
21榎本達也 79.03.16 190 (横浜Fマリノス)

DF(6)
2 茂庭照幸 81.09.08 181 (FC東京) ST/CB/SB
3 松田直樹 77.03.14 183 (横浜Fマリノス) SW/ST/CB
5 古賀正紘 78.09.08 185 (名古屋グランパス) ST/CB
13菊地直哉 84.11.24 181 (ジュビロ磐田) ST/SB
15田中マルクス闘莉王 81.04.24 185 (浦和レッズ) SW/CB
22中澤佑二 78.02.25 187 (横浜Fマリノス) ST/CB

MF(9)
4 遠藤保仁 80.01.28 177 (ガンバ大阪) DH/OH
6 今野泰幸 83.01.25 178 (FC東京) DH/ST
7 奥大介 76.02.07 173 (横浜Fマリノス) OH/DH
8 小笠原満男 79.04.05 173 (鹿島アントラーズ) OH/DH
10中村俊輔 78.06.24 178 (レッジーナ:イタリア)OH
14三都主アレサンドロ 77.07.20 178 (浦和レッズ) 左WB/SB
17田中隼磨 82.07.31 174 (横浜Fマリノス) 右WB/SB
19村井慎二 79.12.01 174 (ジェフユナイテッド千葉) 左WB/SB
23福西崇史 76.09.01 181 (ジュビロ磐田) DH/OH

FW(5)
9 永井雄一郎ユ 79.02.14 184 (浦和レッズ) 右WB/WG
11鈴木隆行 76.06.05 182 (鹿島アントラーズ)
16大黒将志 80.05.04 177 (ガンバ大阪)
18玉田圭司 80.04.11 173 (柏レイソル) FW/左WG
20高原直泰 79.06.04 181 (ハンブルガーSV:ドイツ)


アジア最終予選・北朝鮮戦に向けて3-5-2システムを前提に選抜をしてみた。
手術後の経過が予測出来ず、復帰できたとしても試合勘が戻っていないだろう小野は
外すべきと考えた。同様に中田英、稲本についても本来のパフォーマンスからは程遠い
と判断し加えなかった(他に良い選手がいるのも理由)。  
大久保(マジョルカ)を外したのは、移籍したばかりであること、代表で無得点で
あることが理由。チャンスを与えたい選手は他にも多い(大黒など)。  
ホームでの闘いは勝点3が絶対条件となる、故に攻撃的な布陣(選手)で臨みたい。
私が考えるスタメンは、GK:楢崎、SW:松田、ST:中澤、茂庭、DH:今野、福西
WB:永井、村井、OH:中村、FW:高原、玉田の11人。  
仮に相手が3トップでDFラインの修正が必要な場合、村井に替えて田中隼を投入し
4-2-3-1とする。茂庭がSBに回る形、玉田が左WG、永井が右WGで高原1トップ。
スポンサーサイト
U-20日本代表 カタール遠征メンバー(19人)
2004-12-22(Wed) 00:00
監督:大熊清 コーチ:吉田靖 GKコーチ:藤原寿徳(1/5決定)

GK
松井謙弥(ジュビロ磐田)
西川周作(大分トリニータU-18)

DF
吉弘充志(サンフレッチェ広島)
水本裕貴(ジェフユナイテッド市原)
柳楽智和(アビスパ福岡)
小林祐三(柏レイソル)

MF
増田誓志(鹿島アントラーズ)
中村北斗(アビスパ福岡)
苔口卓也(セレッソ大阪)
兵藤慎剛(早稲田大学)
水野晃樹(ジェフユナイテッド市原)
中山博貴(京都パープルサンガ)
本田圭佑(星稜高校)
家長昭博(ガンバ大阪)

FW
豊田陽平(名古屋グランパスエイト)
平山相太(筑波大学)
カレン・ロバート(ジュビロ磐田)
辻尾真二(中央大学)
前田俊介(サンフレッチェ広島FCユース)

1/5追加召集
DF丹羽竜平(ヴィッセル神戸)


<スケジュール>

1月10日(月)~13日(木)トレーニング
1月14日(金)~26日(水)U-21 カタール国際大会

1月14日(金)17:30 VSカタール代表
1月16日(日)19:15 VSアルジェリア代表
1月18日(火)18:00 VSベラルーシ代表
1月23日(日) 準決勝
1月26日(水) 決勝/3位決定戦

<はぎぴー的感想>

12月初旬に行ったJ1とのトレーニングマッチ。
そこで評価を高めた、MF本田、家長、FW前田などが順当に選出されている。
逆にアジアユースでひ弱さを露呈した高柳、高萩(ともに広島)は選出から漏れた。
しかし増嶋や梶山(ともにFC東京)も外れており、怪我故の事かもしれない。
この時期(普通ならオフだ)は選手のコンディションが解らないので、
今まで入っていた選手が召集されていない=構想外という事ではないだろう。

日本代表にとってカタール国際は、新たな選手発掘を目的にしてきた歴史がある。
よって今回選出された19人が現段階でのベストメンバーでは無いだろう。
ただ新しく選出された選手にとっては紛れもなく「チャンス」なので、
この大会を通じてアピールして欲しいものだ。

それにしてもDF登録が4人(小林はDHなので実質3人)、これで大会を戦えるのか?
システムを4-4-2にするのだろうか?、、、よくわからない(苦笑)。
わたしなら、、4-2-3-1で以下の11人。
GK松井、CB水本、吉弘、SB中村、家長、DH本田、小林、OH前田、苔口、カレン、FW平山
日本代表 キリンチャレンジ杯2005 カザフスタン/シリア代表戦事前合宿メンバー(23人)
2004-12-21(Tue) 00:00
監督:ジーコ テクニカルアドバイザー:エドゥー
フィジカルコーチ:里内猛 GKコーチ:カンタレリ

GK
12土肥洋一(FC東京)
23川口能活(ジュビロ磐田)
1楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)

DF
17三浦淳宏(東京ヴェルディ1969→2/1ヴィッセル神戸)
2田中誠(ジュビロ磐田)
25茶野隆行(ジェフユナイテッド市原→2/1ジュビロ磐田)
5宮本恒靖(ガンバ大阪)
3松田直樹(横浜F・マリノス)
14三都主アレサンドロ(浦和レッドダイヤモンズ)
22中澤佑二(横浜F・マリノス)
26坪井慶介(浦和レッドダイヤモンズ)
21加地亮(FC東京)
24西紀寛(ジュビロ磐田)

MF
16藤田俊哉(ジュビロ磐田)
15福西崇史(ジュビロ磐田)
8小笠原満男(鹿島アントラーズ)
19本山雅志(鹿島アントラーズ)
6中田浩二(鹿島アントラーズ→2/1マルセイユ:フランス)
4遠藤保仁(ガンバ大阪)
30阿部勇樹(ジェフユナイテッド市原→2/1ジェフユナイテッド市原千葉)

FW
11鈴木隆行(鹿島アントラーズ)
×久保竜彦(横浜F・マリノス)1/17腰痛の為不参加→1/17 31大黒将志(ガンバ大阪)追加召集
28玉田圭司(柏レイソル)


※アジア地区最終予選 VS北朝鮮(2月9日)のメンバーは、2月2日(水)以降発表

<スケジュール>
1月17日(月) 合宿始動(宮崎→横浜)
1月29日(土) 19:20 VS カザフスタン代表(横浜国際総合競技場)
2月2日(水)  19:30 VS シリア代表(埼玉スタジアム2002)


<はぎぴー的感想>

ジーコ監督がサプライズは無いと事前に語っていた通り、阿部以外は不動のメンバー。
わたしは30人程度で合宿を組んで、コンディションの良い、モチベーションの高い
選手を使ってくるのだろうと考えていた(DF、MF、FWで2人位ずつ入れる)が、
やはりというべきか?裏切られてしまった。

負傷者が出て急に呼ばれても選手は対応出来ないだろう。
ドイツ戦を前に宮本、中澤、松田の3人が負傷した際、森岡(清水)を使いたかった
にもかかわらず準備不足で召集出来なかった。
そして永田(柏)を追加召集したわけだが、、、
こういう失態を繰り返さないためにも、合宿にはプラスαの選手を呼ぶべきと思う。
少なくとも負傷開けで試合を経験していない坪井の召集よりは森岡、永田、
あるいはJリーグベスト11に入った闘莉王(浦和)、
1年間Jで安定した力を見せた茂庭(FC東京)の方がいいだろう。
(同じ事が久保よりはガンバの大黒、、にも言える)

さて阿部が初めて召集されたが、何故彼か、、、?
ただでさえDHが(バランス的に)多すぎる構成にあって、阿部というのは?
考えられるのは小野が足の手術をした場合、合流出来ない。
今呼んでいる福西、遠藤、中田浩二、(稲本も含め)ではゲームを作る事が
出来ないという事?まぁ真意はよくわからない。
現代表のDHに必要なのは、守備力の高い今野(FC東京)、あるいは戸田(清水)だと
考えるが、、、ジーコとは求める能力値に違いがあるようだ。

Jで活躍しても、召集される可能性が著しく低いA代表の現状を考えれば
B代表(仮にU-25でもいい)の存在は、あった方が良い、、というレベルではなく
是非とも作るべきだ、、となる。
ジーコに2010年の事を考えてくれ!とは言わないし、2006年の事だけを考えてくれて
良いのだが、、優秀な選手が五輪後に全く国際経験を積めない現状は
改善する必要があるだろう。
日本代表 キリンチャレンジ2004vsドイツ代表戦メンバー(23人
2004-12-06(Mon) 00:00
監督:ジーコ テクニカルアドバイザー:エドゥー
フィジカルコーチ:里内猛 GKコーチ:カンタレリ

GK
土肥洋一(FC東京)
川口能活(FCノアシェラン:デンマーク)
1楢崎正剛(名古屋グランパスエイト

DF
17三浦淳宏(東京ヴェルディ1969)
2田中誠(ジュビロ磐田)
25茶野隆行(ジェフユナイテッド市原)
宮本恒靖(ガンバ大阪)12/13右太もも裏の筋膜炎の為辞退→12/14DF永田充(柏レイソル)追加召集
松田直樹(横浜F・マリノス)12/14風邪の為辞退(不参加)
14三都主アレサンドロ(浦和レッドダイヤモンズ)
中澤佑二(横浜F・マリノス)12/16風邪のため離脱
21加地亮(FC東京)
24西紀寛(ジュビロ磐田)

MF
16藤田俊哉(ジュビロ磐田)
15福西崇史(ジュビロ磐田)
8小笠原満男(鹿島アントラーズ)
本山雅志(鹿島アントラーズ)
中田浩二(鹿島アントラーズ)
29稲本潤一(ウェスト・ブロムウィッチ:イングランド)
4遠藤保仁(ガンバ大阪)

FW
11鈴木隆行(鹿島アントラーズ)
20高原直泰(ハンブルガーSV:ドイツ)
28玉田圭司(柏レイソル)
27大久保嘉人(セレッソ大阪)

<スケジュール>

12月16日(木) 20:00 vsドイツ代表(横浜国際総合競技場)

<はぎぴー的感想>

率直に言って代わり映えのしないメンバーだなと感じた。
しかしそんな中でもサプライズと言って良い召集が2選手、M稲本とDF西だ(DF登録なの?)。

まず稲本は、怪我から復帰を果たしたものの未だプレミアシップ
での出場がない。リザーブリーグでフル出場したといっても
怪我さえ癒えれば無条件に呼んでしまう、、という姿勢は問題がある。
フランスリーグ2部ながら得点を挙げた松井大輔(ルマン)は?
もっと言えばパラグアイ1部グアラニで実績を残している福田健二は?
復帰後の実績が無い稲本の召集は海外組偏重というより、
特定の選手に拘っていると言うべきなのだろう。

次に西だが、負傷開け後、彼はJリーグの試合にそれほど出場していない。
磐田では右アウトサイドに太田という新鋭が現れており、西が必ずしも
レギュラーであるとは言いにくいのだ。
同じようにヴェルディで相馬にレギュラーを奪われた三浦淳の召集も
問題が無いわけではない。
ジーコ監督は(前監督のトルシエと違い)試合で結果を残している選手を
召集すると就任時語っていたはずだが??

そして現在Jを牽引している横浜と浦和からの召集が少なすぎる
(奥が何故に呼ばれないのか?)のに、疑問を感じるのは私だけか?
チャンピオンシップ(2チームは15日に天皇杯の試合がある)との関係も
あるのだろうが、それなら中澤、松田、三都主はどうするのだ??
(今回は致し方ないにしろ)年内発表と言われている最終予選に向けての
合宿参加メンバーに(30人程度か?)、今年Jで活躍した選手が多く
含まれることを期待せずにはいられない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。