選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本代表 W杯アジア1次予選オマーン戦(遠征)メンバー(23人)
2004-09-28(Tue) 00:00
団長:釜本邦茂 監督:ジーコ テクニカルアドバイザー:エドゥー
フィジカルコーチ:里内猛 GKコーチ:カンタレリ

GK
×土肥洋一(FC東京)
23川口能活(FCノアシェラン・デンマーク)
1楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)

DF
×三浦淳宏(東京ヴェルディ1969)
2田中誠(ジュビロ磐田)
25茶野隆行(ジェフユナイテッド市原)
5宮本恒靖(ガンバ大阪)
●松田直樹(横浜F・マリノス)10/10腰痛のため辞退(追加召集無し)
14三都主アレサンドロ(浦和レッドダイヤモンズ)
22中澤佑二(横浜F・マリノス)
21加地亮(FC東京)

MF
×藤田俊哉(ジュビロ磐田)
15福西崇史(ジュビロ磐田)
10中村俊輔(レッジーナ・イタリア)
8小笠原満男(鹿島アントラーズ)
19本山雅志(鹿島アントラーズ)
6中田浩二(鹿島アントラーズ)
18小野伸二(フェイエノールト・オランダ)
●遠藤保仁(ガンバ大阪)10/5怪我のため不参加(追加召集無し)

FW
11鈴木隆行(鹿島アントラーズ)
9久保竜彦(横浜F・マリノス)
20高原直泰(ハンブルガーSV・ドイツ)
28玉田圭司(柏レイソル)

※背番号の選手がベンチ入り、×はベンチ外

<スケジュール>

10月 5日(火)~ 国内トレーニングキャンプ(千葉・成田)
10月13日(水)18:30 オマーン代表 VS 日本代表(マスカット)
(日本時間では23:30KO)

<はぎぴー的感想>

やはりと言うべきか?ジーコ監督は代表に新たな風を吹き込まなかった。
アジア杯をはさんで2回のインド戦、メンバーをほとんど固定して闘い
結果を残している自信もあるだろうし、
勝っているチームをいじらない事は、指導者としての定石でもある。

しかし私はこの点を承知した上で、敢て問題提起したい。
それはJリーグに出場出来ていない、または著しくコンディションを
落としている(怪我をしている)選手が含まれているからだ。

まずは右サイドのレギュラーである加地、彼は骨には異常がなかったものの
鹿島戦で負傷し、次節の出場が絶望視されている(実際は出場停止でもある)。
10/5から始まる国内合宿に間に合うとは思えないのだが、それでも召集なのか?
そして両サイドのバックアッパーとして期待される三浦淳。
彼は代表で試合に出場出来ない事が原因でコンディションを崩し、
東京Vでも欠場を続けている。(替わりに出場している相馬が活躍中)
とても代表に召集できるレベルに無いと思うが?如何だろう。
加地が出場出来る程度に回復しなければ、藤田か本山をこの位置で使う
より方法がない。監督に普通の危機管理能力があれば、加地以外に
右サイド専門の選手を召集するはずだが????
(それ以前に右サイドだけ競争原理が働いていないのはどういう事だ?)

そして試合には出場しているもののレギュラーを剥奪されている宮本、
疲労からか動きが鈍く、Jリーグで醜態(今までは決してなかった抜かれ方を
している)をさらし続けている田中誠。
彼等は3バックのレギュラーだが、本当に大丈夫なのか?と疑ってしまう。
今回、体調の悪い海外組は召集されていないが、
国内組の中には「?」マークを付けざるを得ない選手が続出している。

チームの中心として欠くことの出来ない存在である俊輔や小野ならギリギリまで
待つのも解るが、いくらでも替わりを探せるであろう選手に
何故ジーコ監督は固執するのだろうか?
機能していない(使えない)選手を切って新たな力を試す(リストラを断行)
ことの出来ない指導者は、いつしか大きな流れから外れてしまうものだ。
これはスポーツの世界でも、一般社会でも同じ事だと私は思う。
スポンサーサイト
U-19日本代表 AFCユースチャンピオンシップメンバー(20+1人)
2004-09-14(Tue) 00:00
GK
1松井謙弥(ジュビロ磐田)
18西川周作(大分トリニータU-18)

DF
5増嶋竜也(FC東京)
3吉弘充志(サンフレッチェ広島)
2水本裕貴(ジェフユナイテッド市原)
17柳楽智和(アビスパ福岡)
4小林祐三(柏レイソル)

MF
7渡邊圭二(名古屋グランパスエイト)
13寺田紳一(ガンバ大阪)
14中村北斗(アビスパ福岡)
12苔口卓也(セレッソ大阪)
10兵藤慎剛(早稲田大学)
6梶山陽平(FC東京)9/14怪我治療のため後日合流9/22欠場決定→6船谷圭祐(ジュビロ磐田)
8中山博貴(京都パープルサンガ)
15高萩洋次郎(サンフレッチェ広島)
19高柳一誠(サンフレッチェ広島FCユース)

FW
9平山相太(筑波大学)
11カレン・ロバート(ジュビロ磐田)
16渡邉千真(国見高校)
20森本貴幸(東京ヴェルディ1969)

※バックアップメンバー GK山本海人(清水エスパルス)

<スケジュール>

9/25(土) 18:00 VSネパール代表(Johor Bahru)
9/27(月) 21:00 VSマレーシア代表(Johor Bahru)
9/29(水) 21:00 VSベトナム代表(Johor Bahru)
10/3(日) 18:00 準々決勝 A1位の場合 VS B2位(Johor Bahru)
      21:00      A2位の場合 VS B1位(Kuala Lumpur)
10/6(水) 18:00 準決勝  A1位でB2に勝利(Kuala Lumpur)
      21:00 準決勝  A2位でB1に勝利(Perak)
10/9(土) 18:00 3位決定戦(Kuala Lumpur)
      21:00 決勝(Kuala Lumpur)

<はぎぴー的感想>

新潟合宿で29人の候補者から20人+1人が残った。
基本的には先月静岡で開催されたSBS杯のメンバーと変わらない。

残念なのは、増田(鹿島)が怪我で合宿に参加出来なかったこと。
彼の攻撃センスは、今回選出された中山、寺田といったトップ下の控え
(恐らくレギュラーは兵藤)よりも優れていると私は考えている。
FC東京で素晴らしいゲームメイクを見せている梶山が万全の状態で臨めない
だろう事も、増田離脱を嘆く理由だ。
(しかし増田は中山、寺田と比較してユーティリティな選手ではない)

腑に落ちないのは、河本(神戸)、豊田(名古屋)、萬代(仙台)
といったJリーグで結果を残している選手が漏れていること。
この3人には高さがあり、セットプレーなどで戦力となっただろう。
ただ河本以外はポジションバランスを考えれば致し方無い気もする。
問題は河本、DFで選出されている小林は恐らくDHでの起用と思われ、
DFの控えが吉弘のみ、しかもレギュラーはポカの多い柳楽であること
などを考慮すれば、河本の落選は理解出来ない。

またこのチームの立ち上げ段階から常に攻撃の中心として活躍してきた
原(駒澤大)が選出から漏れた。彼の場合はその突破力の鋭さから
右WBでの起用を私は望んでいたが、そういうオプションを大熊監督は
考えなかったようだ。

とは言っても、前回のメンバー(坂田、今野、菊地、成岡、徳永など)と
比較してレギュラーメンバーの質は落ちるが、ベンチ入りを含めた20人の
総合力では、今回の方が上だろうと私は考えている。
ボランチが弱くバイタルエリアを付かれるのではないか?という不安は
残るが、25日からマレーシアで開催される大会を楽しみにしたい。
何と言っても予選リーグは、日本サッカー界にとって「歓喜」と表現される
あのジョホールバルで行われるのだから、、、。
U-18日本代表 仙台カップ国際ユースサッカー大会メンバー(18人)
2004-09-06(Mon) 00:00
監督:上野展裕 コーチ:羽中田昌 GKコーチ:石末龍治

GK
1八田直樹(ジュビロ磐田ユース)
12佐藤昭大(サンフレッチェ広島F.Cユース)

DF
4田中裕介(桐光学園高等学校)
5平岡康裕(静岡市立清水商業高等学校)
14青山直晃(前橋育英高等学校)
2中川裕平(四日市中央工業高等学校)
15藤井大輔(サンフレッチェ広島F.Cユース)
3入船和真(鵬翔高等学校)

MF
青山敏弘(サンフレッチェ広島F.C)9/15怪我→6増田清一(ヴィッセル神戸ユース)
7藤本康太(熊本国府高等学校)
8細貝萌(前橋育英高等学校)
13本田圭佑(星稜高等学校)
16柳澤隼(柏レイソルユース)
17山本真希(清水エスパルスユース)

FW
10大江勇詞(京都府立洛北高等学校)
11興梠慎三(鵬翔高等学校)
18財津俊一郎(東海大学附属第五高等学校)
9ハーフナー・マイク(横浜F・マリノスユース)

<スケジュール>

9月18日(土)13:00 VS U-18ブラジル代表
9月20日(月)15:30 VS U-18イタリア代表
9月23日(木)12:30 VS U-18東北代表

<はぎぴー的感想>

何故U-20アジア選手権とスケジュールがダブるこの時期に開催するのか?
よく解らないが(イタリア、ブラジルとの調整で致し方ないのだろう)
それ故に首脳陣もGKコーチ以外は入れ替わっている。
U-19でもU-16でもないこの世代にとっては、来年のワールドユースに向けての
試合を通したセレクションになる。
ただ首脳陣がかわっている為、大熊ジャパンと足並みを揃えられるか?は疑問だ。
つまり選手の情報が正しく大熊監督に報告されるか?
森下(磐田ユース)や前田(広島ユース)のように1学年下からU-19代表候補に
抜擢される道筋が出来ているのか?が問題だ。

召集された選手は同じような存在価値となっている新潟国際ユース(7/5記事参考)
のメンバーを軸にU-19代表候補に選出された選手は除外されている。
そして新しくハーフナー・マイクなどが召集された。
この選手は横浜のGKコーチ、ディドの息子である事で有名、
190センチを超える大型ストライカーとして、ジュニアユース(当時は札幌)
時代から注目を集めてきた。

せっかくこの世代では欧州ナンバー1、南米ナンバー1(と思われる)代表と
闘えるチャンスだというのに残念。
スケジュールさえあえば昨年のように大熊監督自ら指揮を執ることも可能だった。
とは言え、今回召集されたメンバーにとってはアピールのチャンス。
これをものにして、来年のワールドユースに繋げて欲しいと思う。
もしかしたら、選手採点は無理としても、、
気が付いたこと、良かった選手など日記に書けるかもしれない、、。

【追記】
ちなみにU-18日本代表が最終日に対戦するU-18東北代表の監督は解説者の
清水秀彦氏(元ベガルタ仙台監督)。選手はプリンスリーグで活躍した中から
セレクションをおこなった18人。中にはJが目を付けているGK丹野(FCみやぎ)、
MF小寺(青森山田)、FW福士(盛岡商)などがいる。
(U-17アジア選手権で精彩を欠いた)U-16日本代表に残れなかった
遠藤(塩竃FC)も年少者ながら加わっている。
現在ベガルタでレギュラー格として活躍中の萬代(現U-19日本代表候補)は
昨年、この大会で東北代表としてプレーしている。
いつだか、このコラムで書いた福士選手、彼は私の一押し選手だ。
もしかしたら(U-19日本代表がワールドユース出場出来たら)来年
オランダで日の丸を背負っているかもしれない、要注目!!
U-19日本代表候補 新潟合宿メンバー(29人)
2004-09-01(Wed) 00:00
監督:大熊清 コーチ:吉田靖 GKコーチ:武田亘弘

GK
山本海人(清水エスパルス)
松井謙弥(ジュビロ磐田)
西川周作(大分トリニータU-18)

DF
増嶋竜也(FC東京)
吉弘充志(サンフレッチェ広島)
河本裕之(ウィッセル神戸)
水本裕貴(ジェフユナイテッド市原)
柳楽智和(アビスパ福岡)
小林祐三(柏レイソル)
森下俊(ジュビロ磐田ユース)

MF
原一樹(駒沢大学)
渡邊圭二(名古屋グランパスエイト)
寺田紳一(ガンバ大阪)
増田誓志(鹿島アントラーズ)9/6怪我のため合宿不参加
中村北斗(アビスパ福岡)
苔口卓也(セレッソ大阪)
兵藤慎剛(早稲田大学)
梶山陽平(FC東京)
中山博貴(京都パープルサンガ)
高萩洋次郎(サンフレッチェ広島)
渡邉千真(国見高校)
高柳一誠(サンフレッチェ広島FCユース)

船谷圭祐(ジュビロ磐田)9/7追加召集

FW
豊田陽平(名古屋グランパスエイト)
平山相太(筑波大学)
カレンロバート(ジュビロ磐田)
田中佑昌(アビスパ福岡)
萬代宏樹(ベガルタ仙台)
前田俊介(サンフレッチェ広島FCユース)
森本貴幸(東京ヴェルディ1969)

<スケジュール>

9月6(月)~13(月)新潟県十日町にてトレーニングキャンプ

AFC U-20サッカー選手権マレーシア
9月25日(土) 18:00 VS U-19ネパール代表(ジョホールバル)
9月27日(月) 21:00 VS U-19マレーシア代表(ジョホールバル)
9月29日(水) 21:00 VS U-19ベトナム代表(ジョホールバル)
10月3日(日) 18:00/21:00 準々決勝
10月6日(水) 18:00/21:00 準決勝
10月9日(土) 18:00/21:00 3位決定戦/決勝戦
(キックオフはマレーシア時間:日本時間-1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。