選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
U-16日本代表 AFC U-17サッカー選手権登録メンバー(20人)
2004-08-31(Tue) 00:00
監督:布啓一郎 コーチ:安達亮 GKコーチ:加藤好男

GK
1長谷川徹(名古屋グランパスエイト)
18権田修一(FC東京U-18)

DF
3植田龍仁朗(ガンバ大阪ユース)
2松井陽佑(岐阜県立岐阜工業高等学校)
13大島嵩弘(柏レイソルユース)
4吉本一謙(FC東京U-18)
12金子拓也(ジェフユナイテッド市原ユース)
17森村昂太(FC東京U-18)
6渡邉昌成(ジュビロ磐田ユース)

MF
5青山隼(名古屋グランパスエイト)
9堂柿龍一(関西学院高等部)
7鈴木達矢(川崎フロンターレU-18)
8内田篤人(静岡県立清水東高等学校)
16中島良輔(ジュビロ磐田ユース)
19中野遼太郎(FC東京U-18)
14倉田秋(ガンバ大阪ユース)

FW
10小澤竜己(青森山田高等学校)
11喜山康平(ウェルディユース)
20平繁龍一(サンフレッチェ広島ユース)
15伊藤翔(中京大学附属中京高等学校)

※バックアップ(帯同)GK川原隆広(佐賀県立佐賀東高等学校)


<はぎぴー的感想>

来年ペルーで行われるU-17世界大会の予選を兼ねたアジア選手権が日本で
行われる。(スケジュールは8/24付の記事を参照下さい)
国内でトレーニングキャンプを張った25人の候補選手から20人を
選出したのが上記。このメンバーでアジア選手権に臨むことになる。
予選リーグは静岡(藤枝、日本平、草薙)と福島(主にJビレッジ)で
行われ、決勝Tを静岡会場でというスケジュールだ。
日本の試合は全て静岡で行われる。
(地上波のライブは無く、BS朝日が日本の試合をライブ中継する。テレ朝で深夜にダイジェスト放送予定)

私は、この大会の選手寸評を行う予定でいる。
しかしフル代表の試合とは若干異なった表現をするかもしれない。
それはTV観戦した上で採点コラムを読んで頂くフル代表とは違い、
多くの方が試合を見ていない可能性が高いこと。(BSデジタルの普及率は低い)
そして私自身、初めて見る選手がほとんど(青山を除いた全ての選手)
である事が理由。
変な予備知識がないぶん、素直な採点になるかもしれず、、
フォーメーションや戦術、個々の選手に科せられた役割が解らない為、
監督の満足度とは違った採点になるかもしれない。
それ辺は割り切って購読願いたい。

このメンバーでいいのか?という感想を持ちうる程、U-16の選手を
知らないが、やはり森本(東京V)は選出されなかった。
この大会直後にマレーシアで開催されるU-19代表のアジア選手権に召集
されるのだろうが、もしあちらで漏れたら(あちらの世代ではJに出場している
FWが何人もいるので)サッカー協会は非難されるだろう。
しかしまずは、、、U-16代表がどんなレベルにあるのか?
大いなる期待を持って観戦したいと思う。
スポンサーサイト
日本代表 W杯アジア1次予選インド戦(遠征)メンバー(23人)
2004-08-25(Wed) 00:00
団長:釜本邦茂 監督:ジーコ テクニカルアドバイザー:エドゥー
フィジカルコーチ:里内猛 GKコーチ:カンタレリ

GK
×土肥洋一(FC東京)
23川口能活(FCノアシェラン・デンマーク)
1楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)

DF
17三浦淳宏(東京ヴェルディ1969)
2田中誠(ジュビロ磐田)
×茶野隆行(ジェフユナイテッド市原)
5宮本恒靖(ガンバ大阪)
3松田直樹(横浜F・マリノス)
14三都主アレサンドロ(浦和レッドダイヤモンズ)
22中澤佑二(横浜F・マリノス)
21加地亮(FC東京)

MF
16藤田俊哉(ジュビロ磐田)
15福西崇史(ジュビロ磐田)
●中村俊輔(レッジーナ・イタリア)9/6怪我のため辞退(追加召集無し)
8小笠原満男(鹿島アントラーズ)
18小野伸二(フェイエノールト・オランダ)
6中田浩二(鹿島アントラーズ)
×遠藤保仁(ガンバ大阪)

FW
11鈴木隆行(鹿島アントラーズ)
9久保竜彦(横浜F・マリノス)
●柳沢敦(メッシーナ・イタリア)9/6リーグ専念のため辞退(追加召集無し)
20高原直泰(ハンブルガーSV・ドイツ)
19本山雅志(鹿島アントラーズ)

※背番号を記した選手のみベンチ入り

<スケジュール>

8月30日(月)~ 国内トレーニングキャンプ(欧州組も参加要請あり)
9月 8日(水)17:30 インド代表 VS 日本代表(カルカッタ)

<はぎぴー的感想>

問題点は2つ。
欧州組にも国内でのトレーニングキャンプへ参加するよう要請している事。
そして負傷の西に代わる右サイドの選手を召集していない事。
(欧州組、国内組と区別している事に大意はない。言葉通りの意味
と受け取って頂きたい。)

サッカー協会はオマーン戦、シンガポール戦の反省から選手間のコンビネーション
を構築する時間が必要と判断し、1週間前の合流を選手(各クラブ)に求めた。

国内組は既にセカンドステージを闘っており、
(アジア杯の疲れを引きずりながらも)代表召集でチームを離れても
その地位は保証されている。
そして国際Aマッチデーであることを考慮し、Jリーグは1週間お休みだ。
しかし毎度の事ながら欧州組にしてみれば、過酷なスケジュールとも闘う事になる。
8月30日の参加を許可されたのは高原だけ、これはつまり戦力として
期待されていない事の裏返しであって喜べる状況にはない。
名誉有る代表召集が選手としての「飛躍を削ぐ結果」になっている事実は
選手個人の問題ではなく、日本サッカー界全体の問題と考えるべきだろう。

次に右サイドの選手は加地と誰なんだ?という疑問。
試合登録出来るのは18名。しかしインドという慣れない地での試合に備え、
5人多く連れて行くわけだ(つまりそれだけ余裕をもった選出になっているはず)。
それなのに加地以外に右サイドの選手が見あたらないというのは
どういうことだろうか?
(わたしがお勧めする)福西のウィングバックなど有るわけがない!
加地のコンディションが落ちれば、どう対応するというのか?
恐らく三浦を右で、、と考えているのだろう。
しかし十分な選手枠があるのだから、他の選手を試すべきだ。
せめてアジア杯で選出していた山田卓也を召集していれば、と思う。
(ジーコの会見で、この件について記者が質問しているだろうか?)
U-16日本代表 トレーニングキャンプ参加メンバー(25人)
2004-08-24(Tue) 00:00
監督:布啓一郎 コーチ:安達亮 GKコーチ:加藤好男

GK
川原隆広(佐賀県立佐賀東高等学校)
長谷川徹(名古屋グランパスエイト)
権田修一(FC東京U-18)

DF
植田龍仁朗(ガンバ大阪ユース)
松井陽佑(岐阜県立岐阜工業高等学校)
大島嵩弘(柏レイソルユース)
吉本一謙(FC東京U-18)
金子拓也(ジェフユナイテッド市原ユース)
武田英二郎(横浜F・マリノスユース)
森村昂太(FC東京U-18)
渡邉昌成(ジュビロ磐田ユース)

MF
青山隼(名古屋グランパスエイト)
堂柿龍一(関西学院高等部)
鈴木達矢(川崎フロンターレU-18)
内田篤人(静岡県立清水東高等学校)
遠藤康(塩釜FCユース)
中島良輔(ジュビロ磐田ユース)
中野遼太郎(FC東京U-18)
野田明弘(サンフレッチェ広島ユース)
倉田秋(ガンバ大阪ユース)

FW
小澤竜己(青森山田高等学校)
佐藤悠希(奈良育英高等学校)
喜山康平(ヴェルディユース)
平繁龍一(サンフレッチェ広島ユース)
伊藤翔(中京大学附属中京高等学校)

<スケジュール>

8月26日(木)~ トレーニングキャンプ
8月31日(火)U-17アジア選手権2004日本参加20名を決定
9月4日(土)19:00 VS 北朝鮮 (藤枝総合運動公園)
9月6日(月)19:00 VS タイ  (草薙運動公園陸上競技場)
9月8日(水)19:00 VS 中国  (藤枝総合運動公園)
9月12日(日)準々決勝
9月15日(水)準決勝
9月18日(土)3位決定戦・決勝
日本代表 キリンチャレンジ杯アルゼンチン戦メンバー(20人)
2004-08-12(Thu) 00:00
監督:ジーコ テクニカルアドバイザー:エドゥー
フィジカルコーチ:里内猛 GKコーチ:カンタレリ

GK
12土肥洋一(FC東京)
1楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)

DF
17三浦淳宏(東京ヴェルディ1969)
3田中誠(ジュビロ磐田)
25茶野隆行(ジェフユナイテッド市原)
5宮本恒靖(ガンバ大阪)
18松田直樹(横浜F・マリノス)
14三都主アレサンドロ(浦和レッドダイヤモンズ)
22中澤佑二(横浜F・マリノス)
21加地亮(FC東京)

MF
16藤田俊哉(ジュビロ磐田)
26山田卓也(東京ヴェルディ1969)
15福西崇史(ジュビロ磐田)
8小笠原満男(鹿島アントラーズ)
6中田浩二(鹿島アントラーズ)
4遠藤保仁(ガンバ大阪)
24西紀寛(ジュビロ磐田)8/17怪我のため不参加→追加召集無し

FW
11鈴木隆行(鹿島アントラーズ)
19本山雅志(鹿島アントラーズ)
20玉田圭司(柏レイソル)


<はぎぴー的感想>

アジア杯の22人から欧州組の川口と俊輔が外れただけ。
久保(横浜)の復帰は、とりあえず見送られたが、15日のJリーグを
ジーコ監督が視察し追加召集をかける可能性があるとのこと。
個人的には、無理に急ぐことはない(というのは、9月のW杯1次予選インド戦
の中盤とは全く違うだろうからねぇ)と思う。
おそらく、スタメンは楢崎、宮本、中澤、田中、遠藤、福西、加地、三都主、
小笠原、玉田、鈴木となるだろう。
久保が入れば鈴木と交代という感じか?
アジア杯に優勝したメンバーでFIFAランク4位(日本は20位)のアルゼンチンと
どういう闘いが出来るか、、、、?
ここで昨年のキリン杯のような「ださい」試合をしてしまうと、、
やっぱり欧州組!という事になっちゃうのだろう。
そしてこの試合、アテネ五輪の真っ最中におこなわれる、、、、
7時間後には、アテネでガーナ戦がある、あまり注目されないように思うのは
私だけだろうか?(勿論、採点は致します。ただ五輪を優先する可能性あり)
U-19日本代表 SBSカップ国際ユースメンバー(28人)
2004-08-10(Tue) 00:00
監督:大熊清 コーチ:吉田靖 GKコーチ:武田亘弘

GK
松井謙弥(ジュビロ磐田)
西川周作(大分トリニータU-18)

DF
増嶋竜也(FC東京)
吉弘充志(サンフレッチェ広島)
酒井悠基(アルビレックス新潟S・シンガポール)
河本裕之(ヴィッセル神戸)
水本裕貴(ジェフユナイテッド市原)
柳楽智和(アビスパ福岡)
田中裕介(桐光学園高校)
森下俊(ジュビロ磐田ユース)

MF
原一樹(駒沢大学)
寺田紳一(ガンバ大阪)
増田誓志(鹿島アントラーズ)
中村北斗(アビスパ福岡)
苔口卓也(セレッソ大阪)
兵藤慎剛(早稲田大学)
中町公祐(湘南ベルマーレ)
梶山陽平(FC東京)8/16J出場のため辞退→追加召集なし
小林祐三(柏レイソル)
中山博貴(京都パープルサンガ)
前田俊介(サンフレッチェ広島FCユース)
本田圭佑(星陵高校)
渡邉千真(国見高校)

FW
豊田陽平(名古屋グランパスエイト)
カレンロバート(ジュビロ磐田)
田中佑昌(アビスパ福岡)
萬代宏樹(ベガルタ仙台)
森本貴幸(東京ヴェルディ1969)

<スケジュール>

8/16(月)~8/18(水)トレーニング
8/19(木) 14:55 VS U-19トルコ代表 (藤枝総合運動公園サッカー場)
8/20(金) 14:55 VS 静岡ユース代表 (愛鷹多目的競技場)
8/22(日) 13:30 VS U-19ブラジル代表(日本平スタジアム)

<はぎぴー的感想>

日本サッカー協会における今大会の位置づけは、アジアユース選手権に
むけての壮行試合(最後の強化試合)というものらしい。
FWの柱になる平山相太は、アテネ五輪参加のため選出されていないが、
彼を含む29人の中からバランスを考え、大熊監督が選ぶのだろう。

私はツーロン国際で初めてU-19代表のプレーを見て、
(正確には昨年U-18代表として仙台カップを闘った時に見ているが)
感じたことを選手寸評の中で書いているが、、、
(前回のユース代表と比較し)FW以外全てのポジションで物足りなさ
を感じた。それを埋めるべく新たな選手が召集されている。
おやっと思ったのは、シンガポールリーグに参戦しているアルビレックス
から酒井が選ばれている事。そして吉田コーチが監督として
各種大会に出場したU-18世代から数人召集されたことだ。
下の世代で結果を残したものが、上のカテゴリーで試されるる、、、
これは代表強化策として至極真っ当なものと言えるだろう。

最終日にあたるブラジル代表との試合を観戦できる予定。
(アテネ五輪で決勝Tに進み、私がこちらの試合を忘れていなければ、、)
昨年のU-17世界大会を優勝したブラジルとの対戦で、いろんなものが
見えてくるだろう。
(前回のユース代表はワールドユースで大敗を喫している。)
どういう選手採点(試合)になるか?私自身も楽しみだ。
U-16日本代表候補 キャンプ・北海道国際ユース大会メンバー(25人)
2004-08-09(Mon) 00:00
監督:布啓一郎 コーチ:安達亮 GKコーチ:加藤好男

GK
川原隆広(佐賀県立佐賀東高等学校)
長谷川徹(名古屋グランパスエイト)
権田修一(FC東京U-18)

DF
植田龍仁朗(ガンバ大阪ユース)
松井陽佑(岐阜県立岐阜工業高等学校)
大島嵩弘(柏レイソルユース)
吉本一謙(FC東京U-18)
金子拓也(ジェフユナイテッド市原ユース)
武田英二郎(横浜F・マリノスユース)
森村昴太(FC東京U-18)
渡邉昌成(ジュビロ磐田ユース)

MF
青山隼(名古屋グランパスエイト)
堂柿龍一(関西学院高等部)
鈴木達矢(川崎フロンターレU-18)
内田篤人(静岡県立清水東高等学校)
遠藤康(塩釜FCユース)
中島良輔(ジュビロ磐田ユース)
中野遼太郎(FC東京U-18)
野田明弘(サンフレッチェ広島ユース)
倉田秋(ガンバ大阪ユース)

FW
小澤竜己(青森山田高等学校)
佐藤悠希(奈良育英高等学校)
喜山康平(ヴェルディユース)
平繁龍一(サンフレッチェ広島ユース)
伊藤翔(中京大学附属中京高等学校)

<スケジュール>

8月19日(木) 14:30 VS1860ミュンヘン(厚別競技場)
8月20日(金) 14:30 VS北海道選抜(厚別競技場)
8月22日(日) 10:00 5位決定戦(札幌ドームサブ)
        12:00 3位決定戦(札幌ドーム)
       14:30 決勝戦  (札幌ドーム)

<はぎぴー的感想>

先日行われた豊田国際ユースサッカーに参加したメンバーが中心。
中盤の選手を中心に若干の入れ替えがあった。
しかし3月のフランス遠征に参加したメンバーが全て入っているなど、
ここ半年間で新たに加わった選手はほとんどいない。
この年代なら、数ヶ月で爆発的に伸びる選手がいるだろうと思うが、
スカウティング能力が不足しているのか?大会スケジュールの関係で
(前回指摘したとおり重なっている)、新しい選手を発掘出来ないのか?

さてこの年代のエース格であるFW森本(東京V)はどうなったのだろう?
ひとつ上のカテゴリー(U-19代表)を優先するということか?
ただU-19世代には、平山をはじめカレン、原、豊田など優秀なFWが揃っている。
U-19とU-16のアジア大会のスケジュールの問題で
(重なってはいないが両立は無理!)どちらかを選択する必要があるが、
ベンチウォーマーとなるならU-16で力を発揮した方がいいと思う。
ただ森本は今年になって一度もこの世代のメンバー合宿に参加していない。
(と思う、、)
布監督にしてみれば、コンビネーションの関係を考えれば
(U-19代表から漏れたとしても)もう選出できないという事なのか?

まぁ同時期に行われるSBS杯のメンバー(U-19代表)に選出されるのだろうが。
U-15日本代表 ブラジル遠征メンバー(20人)
2004-08-02(Mon) 00:00
監督:吉武博文 コーチ:黒崎久志 GKコーチ:藤原寿徳

GK
大谷幸輝(ランザ熊本U-15)
木下正貴(御津町立御津中学校)

DF
堀田秀平(柏レイソルユースU-15)
椋原健太(FC東京U-15)8/24怪我のため辞退→吉田勇樹(川崎フロンターレU-15)追加召集
宮阪政樹(FC東京U-15)
三宅徹(名古屋グランパスエイト)
柳優太(善通寺市立西中学校)
輪湖直樹(柏レイソルユースU-15)

MF
鈴木惇(アビスパ福岡U-15)
山中真(柏レイソルユースU-15)
二戸将(ガンバ大阪ジュニアユース)
安田晃大(ガンバ大阪ジュニアユース)
清武弘嗣(大分トリニータU-15)

FW
中田健太郎(ルーテル学院中学校)
瀬里康和(ガンバ大阪堺)
小井土翔(ジェフユナイテッド市原ジュニアユース舞浜)
横竹翔(サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース)8/20怪我で辞退→篠原聖(安芸FCU-15)追加召集
井上翔太(松山市立三津浜中学校)
柿沼貴宏(大宮アルディージャジュニアユース)
柿谷曜一朗(セレッソ大阪U-15)

<スケジュール>
日本ブラジル友好カップ2004
8月25日(水)予選1
8月26日(木)予選2
8月27日(金)予選最終
8月28日(土)準決勝もしくは練習試合
8月29日(日)決勝もしくは練習試合

<はぎぴー的感想>

今年9月4日から日本で開催されるU-17アジア選手権(U-16代表が出場)
に出場する選手の下の世代、良い働きをすれば、もしかしたら
滑り込めるかも知れない選手達である。
ただ日程的な事を考えれば(帰国は9/1)、世界大会に進んだ場合に
選出もあり得る、、といった感じだろうか?

正直、全く知らない選手達なので感想など無いが、、(苦笑)
あの黒崎(元日本代表FW)が、もう既にトレセンのコーチなんだと、、、
時代の流れを強く感じますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。