選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
U-23日本代表 石垣島キャンプ及びチュニジア代表戦メンバー(26人)
2004-06-30(Wed) 00:00
監督:山本昌邦 アシスタントコーチ:石井知幸
GKコーチ:川俣則幸 フィジカルコーチ:菅野淳

GK
○曽ヶ端準(鹿島アントラーズ)※オーバーエイジ
△黒河貴矢(清水エスパルス)
×岩丸史也(ヴィッセル神戸)
△林卓人(サンフレッチェ広島)
△川島永嗣(名古屋グランパスエイト)

DF
○田中マルクス闘莉王(浦和レッドダイヤモンズ)
○茂庭照幸(FC東京)
△北本久仁衛(ヴィッセル神戸)
○那須大亮(横浜F・マリノス)
○徳永悠平(早稲田大学)
△菊地直哉(ジュビロ磐田)

MF
△森崎浩司(サンフレッチェ広島)
○松井大輔(京都パープルサンガ)
△石川直宏(FC東京)
△鈴木啓太(浦和レッドダイヤモンズ)
×根本裕一(大分トリニータ)
△駒野友一(サンフレッチェ広島)
○阿部勇樹(ジェフユナイテッド市原)
×山瀬功治(浦和レッドダイヤモンズ)
△前田遼一(ジュビロ磐田)
○今野泰幸(FC東京)

FW
×高松大樹(大分トリニータ)-OA高原が間に合わなければ○-
○大久保嘉人(セレッソ大阪)
○田中達也(浦和レッドダイヤモンズ)
×坂田大輔(横浜F・マリノス)
○平山相太(筑波大学)

<スケジュール>

7月6日(火)~13日(火) トレーニングキャンプ(石垣島)
7月14日(水)19:20  vs U-23チュニジア代表(豊田スタジアム)

<はぎぴー的感想>

トレーニングキャンプ、及びチュニジア代表戦のメンバーだが、
これ以外から本戦代表が選出される事はないだろう。
(1ヶ月前のテストマッチと全く変わらないメンバーとなった、、)

小野と高原が加わる事は確実である、よって曽ヶ端を除いた25人の中から
15人への絞り込みがなされるのだと思う。
尤も7/9に1次登録(30名)があるわけだから、これ以外の選手にも数字上
可能性は残っている。
しかしリーグ戦でアピールする機会はもう無いのだから、この中から10人
誰を落とすか?というキャンプ&テストマッチになると断定して良い。

名前の先頭に○、△、×を付けたが、私が観たところで○は当確、△は
ライバル次第、×は難しいかな?という評価。
これは私が考える選手の能力という意味ではなく、今までの流れとして
こんな感じかな?というもの。
特に中盤、トップ下とアウトサイドがまだ決まっていないかな?という
印象だ。山本監督にしてみれば、もう決めているのだろうと思うが。

入っていないのが疑問なのは、、田中隼(横浜)くらいか?
長谷部(浦和)も現段階では山瀬より良いと思うし、成岡(磐田)という
手もあるはずだが、もう時間がないという事だろう。
スポンサーサイト
U-19日本代表・シンガポール遠征メンバー(24人)
2004-06-24(Thu) 00:00
監督:大熊清 コーチ:吉田靖 GKコーチ:武田亘弘

GK
松井謙弥(ジュビロ磐田)
西川周作(大分トリニータU-18)

DF
増嶋竜也(FC東京)
吉弘充志(サンフレッチェ広島)
中村北斗(アビスパ福岡)
河本裕之(ヴィッセル神戸)
水本裕貴(ジェフユナイテッド市原)
小林祐三(柏レイソル)

MF
渡邊圭二(名古屋グランパスエイト)
寺田紳一(ガンバ大阪)
増田誓志(鹿島アントラーズ)
苔口卓也(セレッソ大阪)
兵藤慎剛(早稲田大学)
梶山陽平(FC東京)
中山博貴(京都パープルサンガ)
高萩洋次郎(サンフレッチェ広島)
高柳一誠(サンフレッチェ広島FCユース)

FW
豊田陽平(名古屋グランパスエイト)
三木良太(ガンバ大阪)
平山相太(筑波大学)
カレン・ロバート(ジュビロ磐田)
萬代宏樹(ベガルタ仙台)
渡邉千真(国見高校)
森本貴幸(東京ヴェルディ1969)※Jリーグオールスターのため不参加→怪我で辞退

<スケジュール>
7/2(金)19:30 親善試合 U-19日本代表 vs U-23シンガポール代表
7/4(日)トレーニング又はトレーニングマッチ(ジョホールバル予定)

<今後のスケジュール>
8/15(日)~22日(日)2004 SBSカップ国際ユースサッカー大会in静岡
9/6(月)~13日(月)トレーニングキャンプ
9/15日(水)~10/10日(日)AFCユース選手権マレーシア2004


<はぎぴー的感想>

ツーロン国際サッカートーナメントに出場したメンバーがベース。
GK松井は前回大会の川島(名古屋:当時大宮)に匹敵する逸材という評価、
控えの西川も身体能力が高く攻撃的なGKとして通っている。
DFは増嶋を中心として3枚なのか4枚なのか、まだ解らないが、、
4枚の場合は水本がコンビネーション的にあっている様だ。
他にも所属チームでJデビューを果たした選手が多く、特に吉弘は先日
プロA契約に移行したほどに出場機会を得ている。
前回MFで選出された中村がDFになっている所から4バックなのかな?
と想像出来るが、、、、、。

MF陣では鹿島でレギュラー格となっている増田が召集されている点に
注目したい。レベルの高い鹿島の中盤にあって、本山、小笠原と遜色ない
動きを見せる彼には攻撃的MFとして期待が掛かる。
このチームではボランチで使われている梶山も所属チームではトップ下
でいい働きをみせている。スキルフルな中山、リーダーシップのとれる
兵藤(ツーロンではエースナンバー10を付けていた)など、大熊監督が
どのような形を作ってくるか楽しみだ。

そしてFW、上の世代で結果を残している平山相太を軸に、彼のパートナー
が誰になるのか?という図式。
豊田が台頭した時期もあったが、ツーロンではカレンのキープ力、
森本の可能性など(伸びしろが大きい)もあってワクワクするような
チーム内レギュラー争いとなる。
仙台で3トップの真ん中をこなし、マルコスの穴を埋める活躍をみせている
萬代が初招集されたことも、チームにとっていい刺激となるだろう。
国見時代に平山と2トップを組んだことのある渡邉も面白い。

全体的には、将来楽しみな選手が集まっている印象。
しかしチームとしての課題はアウトサイドの選手という事になるだろう。
苔口や中村など、器用な選手がまわるのか?
あるいは3トップ気味のウィングとしてカレンや森本を使うか?
いずれにせよ、センターラインを突っつくだけの単調な攻撃にならない
ようにチームを作って頂きたい。
U-16日本代表トレーニングキャンプ召集(25人)
2004-06-21(Mon) 00:00
監督:布啓一郎 コーチ:安達亮 GKコーチ:加藤好男

GK
川原隆広(佐賀県立佐賀東高等学校)
清水圭介(滝川第二高等学校)
権田修一(FC東京U-18)

DF
青山隼(名古屋グランパスエイト)6/28学校行事→藤田将史(静岡学園高等学校)
飯島康允(川崎フロンターレU-18)
植田龍仁朗(ガンバ大阪ユース)
大島嵩弘(柏レイソルユース)
吉本一謙(FC東京U-18)
金子拓也(ジェフユナイテッド市原ユース)
森村昴太(FC東京U-18)
渡邉昌成(ジュビロ磐田ユース)

MF
堂柿龍一(関西学院高等部)
鈴木崇記(静岡県立藤枝東高等学校)
松井陽佑(岐阜県立岐阜工業高等学校)
鈴木達矢(川崎フロンターレU-18)
中島良輔(ジュビロ磐田ユース)
村杉聡史(ウェルディユース)
倉田秋(ガンバ大阪ユース)
上村亮(四日市中央工業高等学校)

FW
小澤竜己(青森山田高等学校)
喜山康平(ウェルディユース)6/28怪我→田中靖大(柏レイソルユース)
斉藤陽介(横浜F・マリノス)
平繁龍一(サンフレッチェ広島ユース)
登弘幸(ガンバ大阪ユース)6/28怪我→中野遼太郎(FC東京U-18)
伊藤翔(中京大学附属中京高等学校)

<スケジュール>

6月29日(火)~7月3日(土) トレーニング

<はぎぴー的感想>

今年(9/5-9/19)日本で開催されるアジアU-16選手権(来年ペルー
で行われるU-17世界選手権のアジア予選を兼ねる)を目指すチーム。

先月のイラン遠征時のメンバーを軸に各ポジションで数名ずつ
入れ替えがなされている。また今回はトレーニングキャンプと
いうこともあって若干多めの25人が選出されている。
この世代は高校の部活所属選手を目にする機会が少ないので、
どうしてもクラブチーム所属の選手を選考する傾向にある。
致し方ない事と思うが、この年代(あるいはもっと下のU-12)
で能力の高い選手をキッチリと協会が把握しておく必要はあるだろう。

先日、2期目の抱負を語った川淵会長。
トレセン制度の充実を目標に掲げていたが、果たしてどうなる
ことか、、。プリンスリーグの実態(今のままでは選手の発掘に
繋がらない)を考えると、過去最大の利益を出した協会は
この世代に最も多くのお金を掛けるべきと思う。
少しずつ改善はされているが、、、(川淵会長の言うとおり)
今のままではジダンは出てこないだろう。

今回選出された25人は、紛れもなくU-16世代のエリートだ。
しかし地方にはもっと凄い素材の選手が埋もれているはず。
私が今日見た東北高校選手権決勝で2ゴールを挙げた(結局は
再延長の末2-3で敗れたが)盛岡商業の10番、FW福士選手は
素晴らしかったし、、、(彼はU-19世代だが)。

そして森本(東京V)はU-19代表に専念する様です。
日本代表 アジア杯予備登録選手(30人)
2004-06-16(Wed) 00:00
GK
12土肥洋一(FC東京)
23川口能活(FCノアシェラン・デンマーク)
1楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)
30都築龍太(浦和レッドダイヤモンズ)

DF
17三浦淳宏(東京ヴェルディ1969)
3田中誠(ジュビロ磐田)
25茶野隆行(ジェフユナイテッド市原)
5宮本恒靖(ガンバ大阪)
18松田直樹(横浜F・マリノス)
14三都主アレサンドロ(浦和レッドダイヤモンズ)
22中澤佑二(横浜F・マリノス)
2坪井慶介(浦和レッドダイヤモンズ)
21加地亮(FC東京)
28永田充(柏レイソル)

MF
16藤田俊哉(ジュビロ磐田)
7名波浩(ジュビロ磐田)
26山田卓也(東京ヴェルディ1969)
15福西崇史(ジュビロ磐田)
10中村俊輔(レッジーナ・イタリア)
8小笠原満男(鹿島アントラーズ)
6中田浩二(鹿島アントラーズ)
29羽生直剛(ジェフユナイテッド市原)
4遠藤保仁(ガンバ大阪)
24西紀寛(ジュビロ磐田)

FW
11鈴木隆行(ゾルダー・ベルギー)
9久保竜彦(横浜F・マリノス)
13柳沢敦(サンプドリア・イタリア)
27永井雄一郎(浦和レッドダイヤモンズ)
19本山雅志(鹿島アントラーズ)
20玉田圭司(柏レイソル)


<はぎぴー的感想>

背番号24以降の選手は「とりあえず選んでみました」という印象ですね。
羽生が選出された以外に新顔は無いです。
彼はタイプ的には玉田や本山に近い選手(もっとも似てるのはガンバの
二川ですが)で、市原での活躍が評価されたのでしょう。
本登録はまず無いと思いますが、、、
ジーコ監督が彼を見ていたと事、ちょっと「ほっと」しています。

五輪絡みで小野が選出されていませんが、
フェイエノールトからアテネ五輪出場OKが出たのでしょうか?
元々アジア杯の出場は問題なかったので、保険の意味で登録してくるか?
と思っていましたが、「公約」(重複登録しない)を守った形です。
しかしこれで小野が五輪に出られなかったら、協会の失態になりますね。
(実際には福西と遠藤で十分やれると思います。それに名波を選んで
いますしね、、、。)

そうそう、川淵会長が欧州組には休養が必要だと語ってましたが、、、
あれはどうなったんでしょうか?
仮にも会長の発言なのに、、、、彼って評論家の様な立場なのかな?
それとも協会内部で見解が統一されていないのか?
この点に関しては、、ちょっと謎ですな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。