選ばれし青の戦士たち
サッカー日本代表を応援するサイト「ど素人の日本代表コラム」のサブコンテンツです。日本サッカー協会から発表される代表選手を紹介し、hagip(はぎぴー@管理人)が「独断と偏見」で感想を綴っています。
プロフィール

hagip(はぎぴー)

  • Author:hagip(はぎぴー)
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英国遠征及び1次予選インド戦召集メンバー(25人)
2004-05-31(Mon) 00:00
団長:釜本邦茂 監督:ジーコ TA:エドゥー
フィジカルコーチ:里内猛 GKコーチ:カンタレリ

GK
土肥洋一(FC東京)
川口能活(FCノアシェラン・デンマーク)
楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)

DF
三浦淳宏(東京ヴェルディ1969)
田中誠(ジュビロ磐田)
茶野隆行(ジェフユナイテッド市原)
宮本恒靖(ガンバ大阪)
三都主アレサンドロ(浦和レッドダイヤモンズ)
中澤佑二(横浜F・マリノス)
坪井慶介(浦和レッドダイヤモンズ)
加地亮(FC東京)

MF
藤田俊哉(ジュビロ磐田)
福西崇史(ジュビロ磐田)
中村俊輔(レッジーナ・イタリア)
小笠原満男(鹿島アントラーズ)
稲本潤一(フルハム・イングランド)
小野伸二(フェイエノールト・オランダ)
遠藤保仁(ガンバ大阪)
西紀寛(ジュビロ磐田)

FW
鈴木隆行(ゾルダー・ベルギー)
久保竜彦(横浜F・マリノス)
柳沢敦(サンプドリア・イタリア)
高原直泰(ハンブルガーSV・ドイツ)
本山雅志(鹿島アントラーズ)
玉田圭司(柏レイソル)

<スケジュール>
5月30日(日) 12:00 vsアイスランド代表(マンチェスター)
6月01日(火) 20:00 vsイングランド代表(マンチェスター)
6月09日(水) 19:20 vsインド代表(埼玉スタジアム2002)
(KOは現地時間を紹介)

<はぎぴー的感想>

驚いたのは2点、これがW杯アジア1次予選インド戦の登録メンバー
である事(当然数人はベンチ入りから削られるだろうが)。
そしてその中に中田英寿が入っていないことだ。

中田の替わりは好調を維持している小笠原か藤田だろうが、
もしかすると3-5-2のトップ下、俊輔ひとりという事もありうる。
中田の召集を回避したのは怪我(コンディション)を考慮してのものだ。
しかし西と藤田も負傷しているという情報があり、宮本もまだ本調子
ではないらしい。とりあえず召集し、直前までコンディションをチェック
するという考えなのだろうか?
もしそうだとすれば、チームとしてのリスク管理がやっと出来たと
評価していいだろう。(選手側としても歓迎すべきだ)

個人的には、遠征の1試合は4バックで福西、遠藤、稲本のうち2人を
ボランチで使い、小野を俊輔とOHで組ませてみたい。
コンビネーションが良かった印象は五輪時代から無い2人だが、
小野が前で勝負出来るのか?是非観たい。
(これでアテネ五輪での小野のポジションが見えてくるかも?)
スポンサーサイト
U-23日本代表・トルコ選抜/マリ代表戦メンバー(24人)
2004-05-30(Sun) 00:00
監督:山本昌邦 アシスタントコーチ:石井知幸 GKコーチ:川俣則幸
フィジカルコーチ:菅野淳

GK
1岩丸史也(ヴィッセル神戸)
18林卓人(サンフレッチェ広島)
22川島永嗣(名古屋グランパスエイト)

DF
2田中マルクス宕篏王(浦和レッドダイヤモンズ)
3茂庭照幸(FC東京)
4那須大亮(横浜F・マリノス)
5徳永悠平(早稲田大学)
12北本久仁衛(ヴィッセル神戸)
24菊地直哉(ジュビロ磐田)

MF
6今野泰幸(FC東京)
7森崎浩司(サンフレッチェ広島)
8山瀬功。(浦和レッドダイヤモンズ)
10松井大輔(京都パープルサンガ)
13鈴木啓太(浦和レッドダイヤモンズ)
14石川直宏(FC東京)
15根本裕一(大分トリニータ)
16阿部勇樹(ジェフユナイテッド市原)
17前田遼一(ジュビロ磐田)
23駒野友一(サンフレッチェ広島)

FW
9高松大樹(大分トリニータ)
11田中達也(浦和レッドダイヤモンズ)
19大久保嘉人(セレッソ大阪)
20平山相太(筑波大学)
21坂田大輔(横浜F・マリノス)

<スケジュール>
5月26日(水) 19:20 vsトルコ選抜 (味の素スタジアム)
6月01日(火) 19:20 vsU-23マリ代表(札幌ドーム)

<はぎぴー的感想>

ギリシャ遠征のメンバーに怪我から復帰した宕篏王が加わっただけ
という印象。アジアCLで不参加だった前田、菊地は順当に再選出
されたが、成岡は駒野の復帰ではじき出される形となった。
成岡のベストポジションはトップ下だが、このチームでは左WBとして
期待されていたのだろう。両サイドこなせる駒野を試す意味も合ってか
ギリシャ遠征で活躍した田中隼も漏れている。(怪我か?)
ほぼ1ポジションに2人ずつ選出されているが、ボランチが1人少ない。
その分トップ下で山瀬、松井、前田と3人選ばれている。
山本監督がまだ決めきれていないポジションで有ることが解る。
個人的には成岡をここで使って欲しかったのと、長谷部(浦和)が
好調であるだけに試して欲しかった気もしている。

またFWのサブが大久保なのか坂田なのか、この辺も今後の活躍次第
と言うことなのだろう。
いずれにせよ、OA枠が決まる6/9迄にアピール出来るのは2試合だけ。
GKは決定的だが(私はGK2人OAでも良いと思うが)、
他のポジションはどうなるか?
ウィークポイントを補強する形が望ましい為、現在言われている
小野、高原とは違った選手に決まる可能性もある。
この2試合で判断されるのだろう。
U-19日本代表 ツーロン国際大会遠征メンバー
2004-05-29(Sat) 00:00
監督:大熊清 コーチ:吉田靖 GKコーチ:武田 亘弘

GK
1松井謙弥(ジュビロ磐田)
18西川周作(大分トリニータU-18)

DF
5増嶋竜也(FC東京)
2吉弘充志(サンフレッチェ広島)
3水本裕貴(ジェフユナイテッド市原)
4柳楽智和(アビスパ福岡)
12小林祐三(柏レイソル)

MF
8杉山浩太(清水エスパルス)
11渡邊圭二(名古屋グランパスエイト)
14中村北斗(アビスパ福岡)
16苔口卓也(セレッソ大阪)
10兵藤慎剛(早稲田大学)
6梶山陽平(FC東京)
7中山博貴(京都パープルサンガ)
17高柳一誠(サンフレッチェ広島FCユース)

FW
13原一樹(駒沢大学)
19豊田陽平(名古屋グランパスエイト)
9平山相太(筑波大学)
15カレンロバート(ジュビロ磐田)
20森本貴幸(東京ヴェルディ1969)

<スケジュール>
6月1日(火)第32回ツーロン国際大会開幕
6月2日(水) 18:30 vsスウェーデン代表
6月4日(金) 17:00  vsブラジル代表
6月6日(日) 18:00 vsポルトガル代表
6月8日(火) 19:00or21:00 準決勝
6月10日(木)18:00or20:00 3位決定戦・決勝戦


<はぎぴー的感想>

アジア遠征ではJでベンチ入りしている選手が除外されていた。
しかしツーロン国際サッカートーナメントという歴史有る、そして
ほとんどの国が格上(しかもU-21代表の国が多い)という中では
今考えられるベストメンバーを召集したようだ。
ただ昨年ワールドユースでベスト8に入ったチームの、U-19時代と
比較すると、将来性はあるがJリーグの試合に常時出場している選手が
少ないと言える。つまり闘える集団になっているのか?が心配だ。
(前回は今野、小林、永田、角田といったJでレギュラーを取っていた
選手が多く含まれていた。主将の今野は30試合程度Jに出場していた。)

また、この世代で気になることがある。
それは選出されたメンバーにアウトサイドを専門とする選手がいない事。
中盤の選手は皆、センターラインで力を発揮するタイプだ。
おそらく苔口を左に、中村を右にコンバートしてくるのだと思うが
(杉山は右も出来る)、このメンバーなら4バックなのかもしれない。
(最近まで3バックだったと記憶しているが、大熊監督は4枚に
変えたのかな?情報が少ないので解らない)

ツーロン国際大会はA,Bの2グループに分かれ、予選リーグが行われる。
昨年は、アルゼンチン、トルコ、ポルトガル、イングランドという
強豪と戦ったが、今年も結構すごい国が相手だ(笑)。
森本の五輪出場テスト試合と注目を集めているが、参加する選手達が
この経験活かしステップアップしてくれる事を期待する。
(昨年はCSで視聴できたが)TV放送が無いのが残念だ。
2006年W杯ドイツ大会 期待を込めて23人選出
2004-05-01(Sat) 00:00
ジーコ現日本代表監督の基本構想(4-4-2)と、           
欧州組を召集出来ない場合(3-5-2)の2つに対応出来るように     
考えて選出しています。ただ、これは完全に「はぎぴ-」の好き嫌い  
が反映された選出になっていますので、まぁこういう考え方もあるのか?
程度にご覧になってくださいませ。                 

(選考理由を短くコメントしています)


-GK(3人)-

楢崎正剛(名古屋):何と言っても安定感と経験で群を抜いているのでは?

曽ヶ端準(鹿島):身体能力という意味では最も力があると私は観ています。

川島永嗣(名古屋):ワールドユースを見て惚れた、2010年の為に経験を!


-CB(4人)-

中澤佑二(横浜):高さとスピードを兼ね備えた現在日本一のCBでしょう!

田中マルクス闘莉王(浦和):攻撃的な守備と前線突破が魅力、精神力の強さも買い。

坪井慶介(浦和):速いFWに対するオプション、右SBとしても使えないか?

松田直樹(横浜):3バック時の真ん中を任せられるのは彼、経験値も高い。


-SB(3人)-

新井場徹(鹿島):左右のWBを経験している強さ、鹿島でSBの守備を身につけて!

村井慎二(市原):突破力とクロス精度の高さは魅力あり、3バックでFW平山なら。

菊地直哉(磐田):彼のユーティリティは右サイドバックで大成させて欲しい。


-DH(5人)-

稲本潤一(フルハム):大舞台に強さを見せる彼を外す根拠が見つからない。

小野伸二(フェイエノールト):レジスタとして攻守のリンケージを取れるのは彼だ。

福西崇史(磐田):高い身体能力で世界標準の「汚い」プレーも出来る選手。

遠藤保仁(G大阪):カバーリング能力の高さ、攻守のバランサーとしては最適。

今野泰幸(F東京):豊富な運動量と闘志溢れるプレー、3バックのストッパーとしても。


-OH(4人)-

中田英寿(ボローニャ):彼中心のチーム作りをしているのだから外すわけには、。

中村俊輔(レッジーナ):局面を打開出来る選手、彼の代わりはみつからないだろう。

成岡翔(磐田):トップ下よりもウィングプレーが巧い、伸びて欲しい選手。

カレン・ロバート(磐田):FWとしてよりも攻撃的MF(1.5列目)で大成しそうな予感。


-FW(4人)-

高原直泰(HSV):磐田で得点王となった時の強引さが欲しい、経験値は最も高い。

久保竜彦(横浜):まだ何か隠しているような期待感、もっと凄い選手に化ける?

平山相太(筑波大):素材は申し分ない、いきなり上で使っても順応するのでは?

エメルソン(浦和):恐らく帰化してくる、得点力不足解消の秘密兵器になる。

...Read more ?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。